ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

「起業しちゃいなよ」的な講師が良く使うテンプレート

手っ取り早く、人を指導する立場を手に入れたくて、相手のことをよく知りもしないのに、背中を押そうとする人がいます。— ロバート・熊 (@kumasann110) 2018年3月10日 みなさん、こんばんは。 今日は、お仕事もお休みで 「あんた、どっかに行ったら?」と 嫁…

面白くないくせに「面白い」と言われて喜ぶ人間にはなりたくない。

自分の評価を気にしすぎると、評価の確認作業にばかり多大な時間をかけてしまう。これを防ぐには自分の評価を他人が正しく評価しなくて当たり前ぐらいに思うことだ— ロバート・熊 (@kumasann110) March 4, 2018 こんにちは、ブログの更新しない日は、他の人…

絶望している奴には道を教えてあげる。

うちのアルバイト君は、 従業員が少ない日は自分のやりたい仕事が出来ない。 なので、私にイライラをぶつけてきた。 私は、何食わぬ表情でこう言った。 「さっきから考えていたことがある」と。 ちゃんと考えている。 それを具体的に示さないと この手の奴は…

お前が負けると言うことは、俺達が負けると言うことだ

卒業シーズンです。 食品スーパーに勤めています。毎年の事ですが、3月は大学を卒業して社会人になるアルバイトが辞めていきます。 私は、何年も一緒に働いてくれたアルバイトを社会に送り出す立場として、寂しさと期待で胸がいっぱいになります。 学生時代…

やっぱりただ働きは駄目だ。

親切にしたことが迷惑に思われることがあります。 朝の開店準備は、とてもバタバタします。 少ない人員で間に合わせないといけません。 その時に パートの困ったちゃんと、パートの菩薩さんが口論になりました。 原因は朝の開店準備を菩薩さんが善意で手伝っ…

キラキラ起業女子になるために100万円投資する女性に思うこと

こんにちは。 ブログの更新をしない日は、他人のブログを読んでいます。 とくにお気に入りは、はてなブックマーク人気エントリーにある記事を読み漁ることです。 そんな中、気になる記事を見つけました。 精神科医の先生で、以前からとても興味深いことを書…

匿名希望の方がよかったのではないだろうか?

「もう我慢の限界です」と新人パートさん二人が訴えてきました。 「本来であれば店長に言うべきことですが、店長は異動してきて間もない人だから、店の状況を一番把握しているのは熊さんだから、言うんですよ」と私に訴えてきました。 新人パートさん二人が…

借金取りと間違われないように気を付けてもらいたい。

最後になるまで、 この人は一体何の目的で訪ねてきているのか? と分からない時があります。 スーツ姿の見た目30代後半ほどの男性 。 「すみません。田中を呼んでください」と言ってきました。 田中(仮名)は僕の後輩社員です。 普通、そこの店の従業員に…

他のスーパーで買ったものをうちのスーパーに持ってきて、買い物をする人

「あの人いつもなの」「だから注意して下さい」「どれが買ったものでどれが買っていないものか分からないよ」 とパートさんから相談がありました。 問題のお客様は見た目70歳原付バイクに乗ってくる、おそらくご近所の女性客。 うちの店の近所にあるスーパ…

黄色い袋のおばさんに、万引きされています。

見た感じ、60代後半の女性のお客様。 いつも、黄色い袋を持ってきます。 入店したときの黄色い袋には何も入っていなさそうに見えるのに、帰る時はなぜか、その袋は膨らんでいるのです。 店の従業員が以前からマークしている万引きの疑いのある人です。 「…

休憩時間に日報を作成する慣習がなくなって嬉しい。

今の私は職場で1日1時間休憩をとっています。 この1時間休憩は昼にまとめてとってもいいし、分けてとってもいいし、 社員の自己判断にゆだねられています。 今まで、いろんな職場を転々としてきましたが、今は恵まれていると思います。 世間ではブラック…

アルバイトに担当を持たせるとすごくやりにくくなることがある。

うちの店で、アルバイトから社員になった男の話です。 彼にあって私にないもの。 それは、うちの会社でのアルバイト経験です。 私は、今までの職場での経験などでアルバイトの気持ちを察していますが、 彼の場合、実際にアルバイトをしてきた自分の気持ちと…

自分の実力は語らずとも背中で見せる。

過去にしていた仕事の自慢。 過去の栄光。 そんなことを、みんなに言いたくなる時があります。 しかし、それを言ったとしても、表向きは「へぇー、すごいね」と言われるのですが、裏では、「それがどうした」と思われます。 あなたの周りにいる人は、現在の…

どうやら、みんな僕のために動いてくれているようでございます。

みなさま、こんにちは 最近、ツイッターに少々はまっていて、こっちの更新があまりしていない熊です。 うちの食品スーパーでは、様々なイベントを本部が企画してきます。 そして、作成した売り場の画像をパソコンの共有フォルダー(社員が自由に閲覧できるフ…

「労働時間を守っていますか?」と社員にヒアリングをすることの必要性

長時間労働のせいで「もう限界」と自殺をする人がいます。 そして、社長がインタビューに応えます。 「長時間労働はあったのですか?」 「それは把握していたのですか?」 社長は、重い口調で「ありました」と答えます。 このようなニュースは見ていてとても…

正直に答えて。輩を相手にする必要はないのです。

嫌な予感がしました。 電話の出だしで分かります。 相手は声質年齢60歳 酔っているのか? むしゃくしゃしているのか? 本当に怒っているのか? とにかく、お客様の電話での第一声は 「おいコラ、さっきから電話をずっとかけているのに何ででないんや?」で…

そのうち休みの日の従業員に電話することすら法律違反になるのではないか?

最近の若い奴は甘い。 昔からよく言われてきてますね。 いつの時代も若い世代の考えというものは甘く見えるようです。 私が食品スーパーに入社したてのころはミスしたら休みだろうがなんだろうが、自分のミスは自分でなんとかしたものです。 いや。私だけで…

遊んで暮らせるお金があるけれど、もっと成功したいようだ。

うちの取締役の山田さんが辞任しました。 以前から黒い噂があった山田さん。 「会社の金を横領しているらしいぞ」と辞任の理由を後で知りました。 取締役は、株主総会で、多数決で自由に解任することが出来ます。 しかし、解任された方は、正当な理由がない…

「男子3日会わざれば刮目して見よ」新人アルバイトの成長を認める

驚くほどの成長を遂げる 食品スーパーのおやじです。学生時代のアルバイトとして期間限定で勤めてくれる学生さんが多く、数多くの学生アルバイトの成長をこの目で見てきました。 多くの子は、学生時代の初めてのアルバイトで、入ってきたばかりのころはは頼…

次から次に余計な仕事が舞い込んでうんざりする時は、なるようになると素直に思うしかない

自分がやるべき仕事が前に進まない(涙) 今回のお話は「次から次に余計な仕事が舞い込んでうんざりする」についてです。いろいろとツッコミ所のある気持ちですよね。 そもそも仕事なんだから、余計なことなんてないし、それを面倒くさいなんて、けしからん…

腹が立つ客に仕返ししたいけど、いい方法はないか?と悩む前に一歩離れて観察する。

「うわー、またあのお客様が来た」 食品スーパーに勤めています。サービス業をしていると必ずどこの店にも、従業員から要注意と思われているお客様がいるものです。 「うわー、またあの人が来た」 と口には出さないものの心の中で思う従業員の間に緊張感が走…

セクハラが許される男と、許されない男の境界線を探るのは夢のまた夢で終わる

「お前、老けたな~」 テレビのバラエティー番組で活躍のオアシスの大久保佳代子さん。この方は昔、コールセンターで勤めていたそうです。 女性ばかりの職場に男性の上司が一人。おしゃれで、話し上手で、爽やかなイケメン上司。その男性にひそかに憧れてい…

難しい判断はお客様に選んでもらうべきだという姿勢がクレームを未然に防ぐというお話

選ぶのはお客様であり、従業員ではない。 お客様にとって何がベストな選択なのか?そう思い行動に移す。しかし、その判断が間違った悲劇を生むことがあります。 つまり、お客様にとって満足のいく選択ではなくて、不満足な選択を従業員がしてしまうことです…

親権を失っても、親として出来ることは何か?の気持ちは持ち続けるべきだと思う

ごはんも喉を通らない子供と会えない喪失感 離婚して、妻が子供を連れて出ていった。子供が使っていたベビーベッド・ベビーカー・小さな服などはそのまま置いてある。 それを見るたびに胸を突き刺す喪失感。悪いのは自分。借金・浮気・夫婦喧嘩。今更悔やん…

遺産を持ち逃げされたけど証拠がない。「一生許さない」と言う気持ちがお互いの人生をめちゃくちゃにする

血を分けた兄弟で相続争いをする愚かさ 第三者の目から見て、首をかしげたくなる事件の一つが、親の遺産をめぐる兄弟の争いがもとで起きる事件です。そのようなニュースを見るたびに悲しくなります。 親が亡くなったことを悲しむ気持ちよりも、頭の中は金・…

「責任はわしが取る」田中角栄ばりの男気を上司に求めてはいけない。自分を守れるのは自分だけである

責任はわしが取る 1962年、44歳で大蔵大臣に就任した田中角栄さんが、官僚たちの前でした就任演説は、名演説として、あまりにも有名です。 「私が田中角栄だ。尋常小学校高等科卒業である。諸君は日本中の秀才であり、財政金融の専門家ぞろいだ。私は素人だ…

「現場を知らない上司の指示は意味がない」と愚痴る部下ほど事業の全体像は見えていない。

現場を知らない上司の指示で現場は大混乱 どうして現場を知らないのに口を出してくるんだろう?。どう考えても現場で頑張っている私たちの方が状況を正確に分かっているのにと憤りを感じる時があります。 しかし、上司の指示を部下は無視出来ません。縦社会…

「自分だけが謝っている」「相手にも謝ってほしい」と思う人必見!謝らずに許してもらえる極意

喧嘩をしたとき、先に謝る人でしょうか?それとも相手が謝るまで謝らない人でしょうか?私は先に謝る人です。自分よりも相手の方に非がある。そんな時でも、まずは自分の非を認める私です。 俗に言う大人の対応とでも言うのでしょうか?その方が人間関係が上…

休みの日に仕事の電話がかかってくるのは労働基準法違反であるが下手に断るとひんしゅくを買う

せっかくの休みの日に職場から電話があるとうんざりする理由 「飯ぐらいゆっくり食わせてよ」「今、彼女と映画を楽しんでいるんだ。二人の時間を邪魔する奴は許さん」そんなのお構いなしにかかってくる仕事の電話。365日24時間拘束されているような気持ちに…

他人の子供を叱れますか?親が出てきて文句を言われるから叱れない人には普段からの心構えが必要です。

「駄目だよ」「危ないよ」だけでは伝わらないことがある 勤め先の食品スーパーで、子供が走っていて危ない。果物をおもちゃと勘違いして遊び道具にしている。やってはいけないいたずら行為。しかし注意をしない大人ばかりです。 そして、注意をしても「駄目…