ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

催眠商法に入社して1年目

いろいろな会社を転々としてきた僕

どこ行っても上手く行かない。

不器用。要領が悪い。

そんな僕にいい仕事ないかな?

でも求人見ても、どれもこれもピンとこない。

 

f:id:robakuma:20181002031013j:plain

 

なんだろうこれ?

健康食品の開発販売

ノルマ無し
戸別訪問無し

健康食品の販売?

これ、よさそう。

面接で簡単に採用された。

上司「じゃあ、営業所に行こうか」

どんな営業所?期待と不安。

着いた先は、コンビニの跡地。

健康食品・自然食品という看板や旗などで派手に飾られたお店。

なんだここは?

畳がひいてあり、その上に、じいさんやら、ばあさんやらが座ったり、寝転んだり、お弁当を食べたり、不思議な光景だった。

なにかの宗教?

どうやら、お昼の休憩時間は客がくつろいでいるようだ。

私は上司と一緒にその後ろを通り過ぎ裏場に向かった。

途中、じいさん、ばあさんのこそこそ話が聞こえた。

「ねぇねぇ、あれって新人さんかな?」

私は、「こんにちは」とペコペコ照れ笑いをしながらその後ろを通り過ぎた。

裏場に到着すると、若い社員さんが3人と60代ほどのスーツ姿の男性が一人の4人がいた。

「今日から新しく入った熊君です」

上司に紹介され、「よろしくお願いします」

先輩たちはみんな爽やかな好青年だった。

初日は、ずっと裏場にいてた。

中で何が始まっているんだろう?

聞き耳を立てた。

なにやら、ずっとお年寄りの笑い声が聞こえる。

講演会?

その営業が終わり、後片づけは一緒にした。

商品が入っていたであろう段ボールをみんなでつぶした。

その間、60代の怪しげな男性が近づいてきた。

脂ぎった顔で、じじシャツ一枚になり、そのビジュアルは小太りのピッコロ大魔王だった。

社長だった。

社長は、「私たちの仕事は、世の中にある良いものを多くの人に知ってもらいたい。でも言葉だけではその良さは伝わらない。だからまずは試してもらうということで、いろいろな日用品を配っているんだよ」と教えてくれた。

「これはとんでもないところに来たかもしれないぞ」と思った。

しかし、私の頭の中に「怪しげな仕事だから入社をやめよう」なんて考えはなかった。

これは私だけの気持ちではなかったようだ。

後で仲間の全員に聞いた。

みんな最初は「とんでもないところにきた」と面食らったそうだ。

 

f:id:robakuma:20181002032243j:plain

 

 

しかし、みんなこの怪しい仕事の魅力にとりつかれていく。

本当に最低だね。

www-jiyu-co-jp.amebaownd.com

 

11月2日発売予定です。全国の書店様にてご予約ご購入ができます。
身近な人を守るために知っておきたい!催眠商法の現場を元社員が詳細に明かします!
原稿の一部を掲載しますので是非ご覧ください(=^・^=)

 

 

催眠商法の現場から5日目 (最終回)

催眠商法5日目の朝

は~~い、はじまりま~~す。

パチパチパチ・・・・

 

f:id:robakuma:20171226090001p:plain

社長の話 

はい、みなさん、おはようございます。

老人 「おはようございま~~す」

今日はいい天気だね

全員 「そうですね」

 

俺っちはさ~最近、花を見てよ~、ふと思うんだわ

この花ってどこから来たのかな?

種の時に鳥のフンとともにやってきたのかな?

誰かが昔、種をまいたのかな?

 

なんだか、センチメンタルじゃ~~に~~だね。

 社長の話の途中で席を立とうとするおばあちゃん

f:id:robakuma:20171226090448p:plain

 

※ 社長の話が始まったばかりの時に立ち上がり、どこかへ行こうとするおばあちゃん。

 

お~~い、お母ちゃん、どこ行くんだわさ~

 

ばあちゃん 「トイレ~」

 

全員 「ははははは」

 

ふん、しゃあないな~~気をつけて行ってくるんだぜ~

 

チュッ!

 

投げキッスをする社長

 

f:id:robakuma:20171226090714p:plain

 

老人 「ははははは・・・」

 

ばあちゃん 「チュッ」

投げキッスのお返しをするおばあちゃん 

f:id:robakuma:20171226090833p:plain

 

社長 「チュッチュ」

ばあちゃん 「チュッチュ」

社長 「チュッチュ」

ばあちゃん 「チュッチュ」

・・・・・

 

しつけえんだよ~~

 

f:id:robakuma:20171226090953p:plain

 

全員 ・・・・「がははははは」大爆笑。

 

え~~と、何を話してたのか忘れちまったじゃねえかよ。

 

え~~と、おい、店長、何の話だったっけ?

 

店長 「センチメンタルですか?」

 

あっ、そうそう、センチメンタルだねってことでね。

 

こうして何かの縁でね、俺っちとみなさんが一緒に笑ってね

 

本当に幸せだと思っているのよ

 

全員 「ハイ」

 

でね、昨日の復習だよ~

みなさんにお渡ししたサンプルの名前覚えてくれた?

f:id:robakuma:20171226091705p:plain

健康食品の説明 

 

せいの~~~

 

全員 「雲上そば~~~」

 

そう、雲上そば(うんじょうそば)でね、学術名はダッタンそばなのよ。

 

店長 「そうダッタンですね~」

 

老人 「はははは」

 

おめぇ~~、くっだらねえこと言ってんじゃねえよ。

 

老人 「はははは」

f:id:robakuma:20171226091612p:plain

 

まったく~この店長は~俺っちより目立ってどないするんじゃ~

 

老人 「はははは」

 

何言うか忘れちまったじゃねえか?

 

老人 「雲上そば~」

 

あっ、そうそう、お客さんに教えられちまったじゃねえか~

老人 「はははは」

 

まぁ,その~、この雲上そばの凄いところはね。

 

あの高麗人参よりも17倍のパワーがあるんだよ。

 

 老人 「・・・・・」

 

あのね、昨日聞いた人も初めて聞いたふりして

 

「へぇ~~」とか「ほ~~~~う」とか言ってよ。

 

では練習

 

全員 「へぇ~~~」

 

全員 「はははは」

 

でね、まだ俺っちは話すことがいっぱいあるんだけど、

ある、ばあちゃんに言われたのよ~

 

「で、それはなんぼやねん?」って

 

日本人はすぐに値段を聞きたがる。まったく~~

 

老人 「はははは」

値段の話 

これはね、一袋1500円。

社員 「1500え~~ん」

 

中国の四川省の標高2800メートル付近でしか採れない貴重な資源だからね。

そんなに安いものでは~~~~

 

社員 「な~~い」

おい、それは俺っちが言うんだよ

 

老人 「はははは」

 

あのさ~~、こうしてみなさんに試してねって言って配っているには理由があるのよ~

 

これだけの凄いレベルの健康食品だからね

 

中国政府も、黙っちゃおれんようになりつつあるの。

 

希少性で煽る 

貴重な資源だからね、近いうちに輸出禁止にされるかもしれないっていう情報が入ってきてるのよね。

 

老人 「へぇ~~~」

f:id:robakuma:20171226092712p:plain

 

長生き民族の宝 

そうなる前に、みなさんに、本物の健康食品とはなんぞやと言うことを知ってもらおうとしているのよ。

 

そこで、この雲上そばなんだけど、実はね、これが採れる標高2000メートルよりも高い2800メートル付近で採れるものがあってね。

 

この山に昔から住んでいる民族も本当に体の弱った時にしか口にしない、まさに民族の宝と言うものがあるの。

 

非売品の説明 

 

それは、天頂そばっていうの。なんて言った~?

 

全員 「てんちょうそば~~」

 

そう、これはね、雲上そばの7倍のパワーがあるの。でも、非売品でね。今回宣伝するのは雲上そばだからね。

 

まぁ、そういうものがあるって言うことだけ知っててほしいってこと。

 

で、今日も、みなさんにこの雲上そばのサンプルを配れたら喜んでくれる~~?

老人 「は~~い」パチパチパチパチ!

 

一応全員分は用意しているんだけど、実はね、それとは別に今話した天頂そばのサンプルも全員分ではないけれど用意しているのよ~

 

老人 パチパチパチパチ

 

拍手は早ええんだよ~、あのね、良く聞いてよ~大事なことなんだから~

 

老人 「は~い」

 

天頂そばは本当に手に入りにくいものだからね、今日来ている人全員には配れないって言っているの。

欲しい人にだけ配ると言う

 だからね、本当に欲しい人だけ手を出して欲しいんだよ~欲しくない人は手を出さないでくれる~?

 

だって、欲しくない人がもしいたら、その分を欲しい人に回すことが出来るんだからね。

 

分かった~~?

 

老人「は~~い」

 

じゃあ、社員さ~~ん配ってあげてね~

まずは通常の雲上そばを配る

社員 「は~~い」

 

店長 「では先に雲上そばのサンプルからお配りしますね~~」

 

さあ、どうぞ~~、どうぞ~~、どうぞ~~

 

店長 「はい、全員にいきましたね、では続いて天頂そばのサンプルを配りますので本当に欲しい人だけ手を出していてね~」

次に非売品の天頂そばを配る 

さあ、どうぞ~どうぞ~~、どうぞ~~

 

あ~~~、もう後こんだけしかないですよ~

社員が「もう、後これだけしかない」と叫び、客を煽る 

後ろに座っていた老人が立ち上がる 「あ~~、こっち、こっち」

 

「私に頂戴~」「こっちに頂戴~」

 

f:id:robakuma:20171227060023p:plain

 

社員が煽る 「あ~~、もう本当にこれだけしかないですよ~」

 

後ろの老人 「こっち、こっち~~」

 

社員 「あ~~、ちょっと、ちょっと押さないで、押さないで~危ないですよ~」

 

社員 「あ~~なくなっちゃいました~」

 

後ろの老人 「ええ~~~~」

 

社員 「はぁ、はぁ、ああああああ」

 

老人 「ざわざわざわざわ・・・・・・・」

社員が大きな声でオーバーリアクションで謝る

 

f:id:robakuma:20171227060157p:plain

社長がゆっくりと話し出す

はい、みなさん、落ち着いてちょっと聞いてね。

え~と、天頂そばのサンプルがもらえなかった人ってどれだけいるのかな?

※手をあげさせる。 

あ~~、大体10名ほどかな?

本当にごめんね~

 

社員 「ごめんなさ~~い」

 

あのね、全員に配れたら一番よかったんだけど、うちに入ってくる数も少なくてね。

 

でも明日も用意するからね。本当に欲しい人は前の方に座ってておいてね。

 

社員 「そうですね~前の方がいいですよ~」

 

老人 「ざわざわざわざわ・・・」

 

じゃあ、今から今日のお土産であるボディーソープを配るからね~

みなさん、明日も来るんだよ~

 

老人 「は~~い」

 

では社員さ~ん、ボディーソープを配ってあげてね。

 

お土産を配る 

はいどうぞ~~、はいどうぞ~~

 

じゃあ、みなさん、明日のお土産は袋ラーメン5食入り。これも美味しいんだよ~

 

明日も来るんだよ~

 

老人 「は~~い」

それではみなさん、さようなら~~

明日までごきげんよう~~

 

パチパチパチパチ。

6日目につづくのですが、これで最終回です

最後までお読みいただきありがとうございます。
バカバカしい内容の宣伝会場ですよね?
でも、これがお年寄りの貴重な娯楽の場になっている現実があります。
そして彼らは合法的にお年寄りに高額な健康食品、健康器具を売り付けるのです。

1日目から順番に「催眠商法の現場から」を書いてきましたが、今回が最終回です。

いよいよ、ここから高額な健康食品を購入に至らせるだましの手口が展開されていきます。

本格的なだましの手口は本をご覧ください。

その宣伝会場の内容の全てを書いた本を僕は出版します。

2か月間を通して、1日ごとのだましのポイントと騙されないためのポイントが書かれています。

www-jiyu-co-jp.amebaownd.com


上の画像をクリックしていただけると最初の部分だけサンプルとして読んで頂けます。
全国の書店様、Amazon楽天ブックスで予約ご購入いただけます。

今までに知られることのなかった密室商法である催眠商法のだましの全手口です。

催眠商法の歴史は50年以上あり、閉め切った会場内で何をしているのかうかがい知れないことから世間に大きく注目されませんでした。

日本が生んだ最も巧妙な詐欺

世間の無関心をいいことに、彼らは日本全国に勢力を拡大し、現在数百社の催眠商法の会社が存在すると言われています。

身近な住宅街で行なわれている悪徳商法

戦後の日本が生んだ最も巧妙な詐欺の現場。

被害に遭われる方を一人でも減らしたい。

身近な人を守るために知ってもらいたい。

その願いを込めて出版いたします。

催眠商法の現場から4日目

4日目 朝

 

はい、はじまりま~~す。

パチパチパチ

f:id:robakuma:20171217095514p:plain

 

店長の司会

 

はい、みなさん、おっはようございま~~す。

 

老人 「おはようございま~す」

 

今日はね、社長に交代する前に、昨日みなさんに予告していたね、だしの素。

 

これをオープン記念で500円で販売しますね~

f:id:robakuma:20171217100156p:plain

 

だしの素販売

 

今から社員さんがお配りしますんで、予約券と500円を用意してね~

では社員さん、お願いしま~~す。

 

は~~い。

 

ジャンジャカジャンジャン(激しい音楽が鳴らされる)。

はいどうぞ~~、はいどうぞ~

 

は~~い、みなさん、それではお時間が来ましたんで社長に交代しますね。

 

盛大な拍手で頼みま~~す。

 

社長お願いしま~~す。

 

f:id:robakuma:20171217100129p:plain

 

社長登場

 

いや~~みなさん、おはようございます。

老人 「おはようございま~す」

 

みなさん、だしの素、あれ、さっそく使ってね~~

 

老人 「は~~い」

 

俺は日本酒が好きでね~

 

あのだしの素をほんの少し入れるのよ~するとね、フグのひれ酒。なんて言った?

 

全員で 「ひれしゅ~~~」

 

そうそう、ひれ酒みたいになっちゃうの。

 

老人 「へぇ~~」

 

あのだしの素はね、九州に住んでいる俺っちの友達の会社の商品なの。

 

こうして縁あって彼の会社の商品をうちで扱うことになってね、人生の縁ってなんだか不思議だね~

 

老人 「はい」

 

場を和ます笑い話につなげる 

 

この前、大学の同窓会で久しぶりに会ってさ~、

俺っちの時代になると、カラオケでも歌おうかということになったらさ~

 

お前とお~~れ~と~~は~~、同期のさ~~く~~ら~~♪♪

なんて、しみったれた歌ばかり歌いやがんの。

 

全員 「はははははは」

 

だからね、俺は、意地でも若い歌しか歌わないんだよ~

 

f:id:robakuma:20171217101056p:plain

 

 

老人 「ははははは」

 

老人の一人 「いよ、しゃちょ~~日本一~~」

 

 

f:id:robakuma:20171217101246p:plain

 

分かっとるわ~~まったく。

 

全員 「ガハハハハ・・・・」

 

こしてさ~~うるとらそ~~、なあんて歌ったらさ~

同級生のハゲ茶瓶に・・・・

 

おめぇ~~それはどこの国の歌じゃ?って

 

そんなもの日本の国の歌じゃ~~

 

ビーズじゃってね

 

老人 「ははははは」

 

年寄りアルアルの話

 

でも、こうして40年前の奴らと会うとね、何だか若返ったのか?それとも年くったのか、もう分からねぇやってね

 

老人 「はははは」

 

で、その大学なんだけどね、卒業してからしばらくして、俺っちはずっと、ずっと・・・

 

健康に関する研究をしていたの。

 

それでね、今から10年前にね、俺っちの論文が認められてね

 

アメリカのクリキントン国際大学で博士号を貰ったの。

 

それがこの写真なんだよ~~

 

 

f:id:robakuma:20171217101947p:plain

 

 

パチパチパチパチ・・・

 

老人の一人 「いよ、しゃちょ~~、男前~」

 

うるせぇ~~分かっとるわ

 

全員 「うひゃひゃひゃひゃ~~~~」

 

f:id:robakuma:20171217102137p:plain

 

健康食品の話につなげる

 

まぁ、その時に一緒に研究していた仲間がいてね。

 

これも不思議な縁でね。

 

そいつは大学を卒業した後、ずっと大手の製薬会社に勤めていてね

 

そこの研究所のトップになった男でね

 

老人 「はい」

 

まぁ、その男が頑固な奴でさ~~

このままでは本当の自分の研究は出来ないって、大手の製薬会社をやめて、それで、ずっと研究を進めていてね

 

社員 「はい」

 

ついに今までの常識をくつがえす、奇跡の成分を発見したんだって・・・

 

全員で 「へぇ~~~」

 

奴はその話を、真っ先に俺のところにもってきたのよ~

これをぜひ、お前のところで扱ってくれってね。

 

泣けるよね~~

 

老人 「はい」

 

昨日、みなさんにお配りしたサンプル。

あれが、そうなのよ。

 

みなさん、ちゃんと昨日、飲んでくれた?

 

老人 「はい」

 

あれはね、とっても貴重なものなんだよ。

サンプルの説明

 

中国の四川省の標高2000メートル以上のところ

 

f:id:robakuma:20171217102928p:plain

 

なんて言いました?

 

全員で「標高2000メートル」

 

そこでしか採れないものでね。

 

雲の上でしか採れないっていうことでね

 

雲上そば 

 

雲上そばって言うの

社員 「うんじょ~~~そば~~」

 

その場所では昔から住んでいる少数民族がいてね。

 その民族はこれを食べていてね

80歳、90歳になっても、みんな病気知らずで

長生きでね

 

踊ったりしているの~

 

そのパネルがこれなんよ~

 

老人 「おおおおおお~~」

 

f:id:robakuma:20171217103236p:plain

 

扱う商品へのこだわりの話

 

俺っちにはプライドがあってね

 

いくら友達でも、本当に良いものしか商品扱わないのよ

 

でも、これは、本当にすごいんだわさ

社員 「すごいんですよ~~」

 

あの高麗人参の17倍

あの霊芝の24倍の

 

パワーがあることが証明されておるんですよ~

 

f:id:robakuma:20171217103517p:plain

 

老人 「へぇ~~~~」

 

中途半端な健康食品を俺っちの会社が

扱うわけが~~~~~

 

社員 「な~~い」

 

おい、それは俺が言うんだよ

 

老人 「ははははは」

 

こうして、集まってくれたみなさんに喜んでもらえるのが一番なんだよね。

 

みなさ~~ん

 

老人 「はい」

 

このサンプルを今日も配れたら、喜んでくれるかな?

 

f:id:robakuma:20171217103930p:plain

サンプル配布

 

ありがたいね~俺っちはみなさんが大好きだよ~

 

じゃあ、社員さん、お配りしてね~~

 

社員 「は~~~い」

 

ミュージックスタート~~

「トラトラトラ~~~恋は一途~~、トラトラトラ~本気よ~」

 

はい、みんなに行ったよね。

スタンプカード配布

 

後ね、みなさんに、お配りしたいもう一つのものがあるんだよ~

それはね、このスタンプカード。

 

これを明日からお話が始まる前に社員さんにハンコを貰ってね

 

5つたまると、めっちゃいいものがもらえちゃうんだよ~

 

出勤簿みたいなものだよ~~

 

老人 「はははは」

 

f:id:robakuma:20171217104426p:plain

 

じゃあ、社員さん、このスタンプカードをお配りして、

 

続けて、今日のお土産も配ってね~~

 

社員 「は~~~い」

 

ではミュージックスタート~~

 

「トラトラトラ~~恋はいちず~~~、トラトラトラ~~本気よ~~」

 

は~~い、みなさん、それじゃ最後の挨拶をするよ~~

 

いいかな?

全員 「は~~い」

 

それではみなさん、さようなら~~

明日までご機嫌よ~~~

 

ありがとうね~~。

3日目につづく。

最後までお読みいただきありがとうございます。
バカバカしい内容の宣伝会場ですよね?
でも、これがお年寄りの貴重な娯楽の場になっている現実があります。
そして彼らは合法的にお年寄りに高額な健康食品、健康器具を売り付けるのです。
その宣伝会場の内容の全てを書いた本を僕は出版します。

 

www-jiyu-co-jp.amebaownd.com

 

 
上の画像をクリックしていただけると最初の部分だけサンプルとして読んで頂けます。
全国の書店様、Amazon楽天ブックスで予約ご購入いただけます。

決して、ギャグでやっているのではありません。
手口が世間にさらされると彼らは商売になりません。
知られざる密室商法である催眠商法の手口を世間にさらし、被害に遭われる方を一人でも減らしたい。
その願いを込めて。