ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

コンサルタントが1年以上「さすが」と言われるアドバイスをするのは難しい。

f:id:robakuma:20170628223054p:plain

ジョーン・K

食品スーパーのおやじです。過去に一度だけうちの会社がコンサルタントを雇ったことがあります。なぜ雇ったのか?それは、どうも経営陣の知り合いでのコネがあったそうです。

コンサルタントといってもその仕事内容は幅が広いのですが、その人は定期的に各店を回ってきて写真を撮りまくって問題点をリストアップする現場コンサルタントでした。

見た目50代後半の男性で、鼻筋がすごく通ったいかにも仕事が出来そうな顔立ちで、私たちは陰で「ジョーン・K」と呼んでいました。

Kさんは、正直店長たちから迷惑がられていた。

Kさんは店側から決して歓迎されるような存在ではありませんでした。それはそうでしょう。ジョーン・Kは売り場の問題点を見つけて写真を撮って

「売れ筋の商品なのに欠品がある」

「ここの売り場はもっとこのようにした方がいいのではないか?」

「ゴミが落ちている」

と指摘をしてきます。指摘していることはごもっともですが、こういったことに心から、「ご指摘くださってありがとうございます」と言う人は少ないでしょう。

もちろん表向きはきちんと対応をしているのですが、裏では「また来やがった」的な扱いになっていました。

さらに、「あんな誰でも出来るような売り場のあらさがしでコンサル料を取る奴は怪しい」と言う声まで上がっていました。

だが、私はある意味好きだった。

ねぜ私は彼のことがある意味好きだったのか?なぜなら、このジョーン・Kという生き方に興味があったからです。

人の会社に有益なアドバイスをしにきているのです。その中には耳の痛いこともあるでしょう。「あなたに言われなくても分かっている」と思われることもあるでしょう。

人によっては「うさんくさい」と思われたり、過去の実績を聞かれて正直に答えても「どうせ自分を大きく見せて信用を得ようとしているんだろう?」と思われたりで大変だろうと思うのです。

さらに、会社の同僚から「ジョーン・K」とあだ名される彼のことをもっと知りたいと思って私はいろいろ話しかけたことがあります。

4コマ漫画(ジョーン・Kの実績)

f:id:robakuma:20170628180441p:plain

 

f:id:robakuma:20170628180452p:plain

 

f:id:robakuma:20170628180503p:plain

※漫画では山田さん(仮名)になってますが、ジョーン・K(仮名)です。

f:id:robakuma:20170628180511p:plain

プロですから、5分もあれば十分です。

4コマ漫画では「山田さん(仮名)」になってますが、記事では「ジョーン・K」でいきます。彼は5分程度しか一つの店にいないんです。

もちろん各店を回るので、そんなに時間をかけていられないのでしょう。そこを「早いですね」と聞いてみると「プロですから、5分もあれば十分分かりますよ」と言ってきました。

興味津々な私はさらに聞いてみた。

私 「過去に何社ぐらいコンサルされてきたんですか?」

ジョーン・K 「独立してまだ3年なので57社です」

私「へぇ~~」

私は「へぇ~~」としか言えませんでした。ネットとかで良く見ますよね。過去に1000社の実績とか1万社とか、私はそんな大見栄を期待していたんです。

がっかりです。この57という数字は、なかなか、あり得る数字なので「凄い」とも「いまいち」とも何とも言えませんね。

どうせならこの人のようなレベルの自己アピールが欲しかったところです。


ショーンK 魔女たちの22時 三畳一間から年商30億円

もう「ジョーン・K」に会えない(涙)

そんなジョーン・Kさんですが、1年契約が過ぎ、うちは契約を更新しなかったそうです。その理由を仲の良い上司に聞きました。

ジョーン・kさんは毎月、現場の問題点をリストアップしてくるのですが

「ゴミが落ちている」

「商品の欠品がある」

「もっと従業員に元気がほしい」

といった別にジョーン・kさんでなくてもいいのではないかと思われる内容だったんです。つまりそんな助言にお金は払えないということです。

ジョーン・kさんの作る資料は、確かに見事な出来栄えに見えました。「さすがコンサルタントの先生だ」という声も最初のうちはありました。

しかし、毎月、毎月、似たようなリストばかり作ってくるんです。そりゃあそうでしょう。毎月毎月、目新しいことを指摘するなんてことは難しいことです。どうしてもそうなってしまうでしょう。

と言うよりも、いつまでも同じ内容のコンサルタントが必要な会社であってはいけないと思います。そのノウハウの提供が終われば、後はそこの社員が引き継げばいいことだと思うんです。

「安泰」の二文字はハードルが高い

このことで私はあることを思いました。一つの会社でコンサルをつづけるのは難しいのではないか?ということです。

首尾よく顧客(会社との専属契約)をゲットできたとしても、同じ会社に長くいられることは少ないのではないでしょうか?

とにかく「新規」「新規」と攻める必要があるでしょう。そうでないと先が無い。生き残るのは想像以上に難しい世界です。

この「ジョーン・k」さんの出来事から、コンサルタントの世界で、「安泰」の二文字をゲットするのはかなりハードルが高いということに気付かされました。

約100年前のアメリカで生まれた「安全第一」の標語は最高の教えだと思います。

f:id:robakuma:20170621230026p:plain

寝不足で判断能力が鈍っているときに起こった不測の事態

昔の出来事を思い出しました。もう10年以上前の出来事です。私は、一国一城の主を夢見て居酒屋の師匠に、弟子入りしたことがあます。

毎日、毎日、ぼろくそに怒られました本当にボロカスでした。「お前は赤ちゃんか?」と責められたことがあります。これは状況を察知して動けない奴は赤ちゃんと同じという意味でした。

朝早くからの仕込み、夜遅くまでの営業、さらに閉店後の師匠からの説教に私は、気力、体力ともに限界でした。

そんな修業時代のある日、仕込みをしていたお昼頃。ちょうど焼き鳥の串打ちをしていたのですがこれが、とても眠たい作業でした。

串に肉を刺す。理屈は分からないけれど、不思議と催眠効果のある作業でした。そんな時に、店の外から

ガガガガガ・・・・

店の何かが壊れるような何かが落ちたような何かがぶつかったような大きな音でした。「ん?」と思いましたが、疲れがピークに達していて「まっいいか?」「それよりも作業を急がなきゃ」と考えてしまいました。対岸の火事だと思いました。

それでも眠たい目をこすりながら店のドアの方を見ると、ガラス越しにトラックがゆっくりと、まるでこちらの様子をうかがうかのごとく通り過ぎて行くのが見えました。

「はぁ~~眠い」
「はぁ~何だったんだろう」
「でも、どうせ大したことはないだろう」

疲れから体が重く、状況を軽く捉えたいという心理状況になっていました。しかし数分後、とりあえず何だったのか見に行くか?そう思い店の外にでると、驚きました。店のダクト(煙を店の外に出す煙突みたいなもの)が大きく壊れていたからです。

そこから真黒い油がボトボトボト~~~と流れ落ちていました。

これはとんでもない事です。あたりを見渡すと、近所の人らしい、おじさんとおばさんがこちらを見て何やら話をしていました。何かを知ってるかもしれない。そう思った私は近づいて・・・

「すみません。この時のことを見てました?」

するとおじさんは、店から20メートルほど離れた居酒屋の前に停まっているトラックを指差しました。

「多分、あのトラックやで。一旦逃げたけど、また戻ってきてあの居酒屋の前で荷物をおろしてるで」。どうやら、トラックは一旦逃げたのに配達の仕事があるからと、また戻ってきたのです。

私は「よしっ」と思い、トラックに近づき、運転手に声をかけました。

「あのう、すみません。店の外から凄い音がしてドア越しにトラックが通り過ぎるのが見えたんですけど」

ドライバーさんはビックリしたような表情をしました。私は「そこの○○の店の者ですが、そこ通りましたね?」と尋ねました。実は、話しかける前は、このトラックのドライバーさんが犯人だという確信はありませんでした。何故なら私が見たわけではないからです。

だから、探るような言葉をかけました。ドライバーさんは「え~~と、確かに通りましたけど、どうされました?」と、とぼけるような表情をしました。

さらに問い詰めました。「ダクトがぶつけられた位置と、そのトラックのキズの位置が同じに見えるんですけど」

ドライバーさんは、バツが悪そうに「そう言えば何かにぶつかった様な感じだったんですけど」と言いました。

もう間違いないと思った私は「そうですよね。ちょっと見に来てもらえますか?」と言ってドライバーさんに状況を見に来てもらいました。

それを見てドライバーさんは「申し訳ないです。こんなことになってるとは思いませんでした」と責任を認めました。ドライバーさんは、ぶつかった時からこうなっていたことを分かっているはずだと思います。

しかし、逃げたという事実を隠したかったのでしょう。警察を呼び、後は、相手の保険で補償されることになりました。

師匠から、「お手柄だったな」と褒められました。

ダクトの修理が終わるまで3日間、店は臨時休業になりました。それまで師匠は年中無休で働いていました。ここ数年で、休んだのは、親が亡くなった時だけだったそうです。臨時休業の3日間の間で、初めて店の従業員全員で飲みに行きました。

そこで、師匠は私に問題を投げかけました。

「お前、居酒屋を経営する上で、これをやったらお終いという2つのことを知ってるか?」

「え~~と、火事ですか?」

「ほ~~う、もう一つは?」

「食中毒ですか?」

たまたま答えられただけでした。しかし師匠は「お前、良く答えられたな。俺は昔、師匠から同じ質問をされて答えられなかった。お前、大した奴だな」と褒めてくれました。

その言葉を聞いて私は思いました。

問題に答えられたのは、たまたまの思いつきが当たったからです。 それと同じく 一度は逃げた犯人を捕まえることが出来たのもたまたま目撃者がいたからです。しかし・・・それは黙っておこうと(汗)。

この私の体験談で言いたかった事。それは仕事は「安全第一」を心がけなくてはいけないということです。安全第一という言葉は、1900年代の初頭にアメリカで生まれた標語です。実は安全第一に続きがあるのを知っているでしょうか?

このことは多くの人が知らないことでしょう。

私の職場のアルバイト、パートさんにも聞いたところ全員から「知らなかった」と言われました。

「安全第一」という言葉はあまりにも有名で、誰もが知っている言葉であるのに対して第二と第三があることを知っている人は意外と少ないように思います。

では、続きは何かと言うと「品質第二」「生産第三」です。この言葉が生まれたのは約100年前のアメリカ。この時代のアメリカは景気が悪く、その影響で多くの労働者が劣悪な環境の中で働いていました。その結果、多くの労働災害が発生していました。

その当時、世界有数の規模を誇っていた製鉄会社USスチールの社長はこの労働者が苦しむ姿に心を痛めていました。彼は熱心なキリスト教徒でもあったのです。そこで彼は当時の会社の経営方針である「生産第一」「品質第二」「安全第三」を見直しました、

そして誕生したのが「安全第一」「品質第二」「生産第三」です。

するとどうなったか?労働災害は減り、それどころか生産も品質も向上したのでした。それからこの「安全第一」という言葉がアメリカ全土、そして全世界に広まったのです。

日本でも、「納期は命よりも重い」という合言葉を掲げていた兵庫県の鉄鋼製造会社「パイテック」の上月工場で2013年、男性社員が金属ローラーに巻き込まれて死亡する事故がおきています。この時はインターネット上で、その会社の考えが、かなり物議をかもしました。

今回の私も、焼鳥の串打ちという作業を急がねばならないという意識が働いていました。開店までに準備を間に合わせないといけないという責任感からです。そこで、ガガガガ・・と凄い音が聞こえたにも関わらず、対岸の火事のように軽く捉えたい心理が生まれました。

安全を第一に考えていたらすぐに見に行ったはずです。一旦逃げたトラックが戻ってきたのは運が良かっただけです。

すぐに見に行けばその場でドライバーと話が出来たことです。そう思うと自分の行動に対して後悔が生まれました。

安全第一は忙しさと、疲労がピークになると、これほど忘れ去られやすい言葉はないと思います。やはり、常に意識すべき言葉だと思います。

職場のぶりっ子おばさんが鼻につくのは、まだまだ心の修行が足りないからである

f:id:robakuma:20170621225953p:plain

実は、職場のぶりっ子女性が苦手です。

今からお話しすることは、以前に別ブログ(アメブロ)で似たようなことを書いたことがあるのですが、気にせずに書きたいと思います。

というのも、私のブログにはめったに批判コメントはつかないのですが、この時ばかりはお叱りのコメントやメッセージを頂いて、「うっそ~~~ん」と思ったことなんです。

断っておきますが、ぶりっ子と言うのは、あなたのことではありませんし、ぶりっ子を否定して馬鹿にしているわけではないんです。

ぶりっ子が好きな男性も多いですし、私みたいに苦手に思っている人もいること。そして苦手なのは、私の考えの未熟さからくるものです。そして、いかにして苦手意識を変えようとしているかというお話しなんです。

私の職場に30代後半のぶりっ子な女性従業員がおります。

年齢にそぐわない仕草と声にとても違和感があった私は嫌でも耳に入ってくる猫なで声で仕事に集中出来ず、神経をすり減らしてきました。

そのストレスの原因は私の心にあったのですが、その本題に入る前に、私が気になった彼女のぶりっ子な仕草をいくつか紹介したいと思います。

うちのアルバイト君と彼女が休憩時間に、なにか冗談を言い合っていた時の事です。

休憩時間が終わるころ、彼女はアルバイト君に言いました。

「〇〇君なんて、きら~~い♡」

文章にすると喧嘩を売っているような言葉ですが、彼女のキーの高い猫なで声が好きの裏返しの様に聞こえました。そばで聞いている私も、わざと可愛らしく「嫌い」と言うことで「好き」と言うよりも心をつかむことが出来るのを狙っているように感じました。

気にしないでおこうと思えば思うほど、気になるのが歩き方です。

手の甲を上に向けてちょこちょこっとペンギンの様に歩きます。そうすることで可愛らしさを強調しているかのように感じます。

彼女は、ぶりっ子をすることによる違和感を自覚していないかもしれないと思い、わざと真似をして分かってもらおうとしたことがあります。

彼女の「あーん」「いやーん」とかの、ぶりっ子な口調を真似したのです。しかし、彼女の口調「いやーん」「あーん」を真似ると逆に彼女は喜び、さらにエスカレートしました。

人に注意するのが苦手な私は、見て見ぬふりをしているのですが、たまに「あんた腹黒いね」と他の女性従業員に言われることがあるようで、そのたびに笑顔で「あーん、また酷いこと言われちゃったー」と嬉しそうに言っていました。

私が彼女に、冗談っぽいことを言った時のことです。そんな私に「もう、いじわる、こにょやろー」って言いながら軽くパンチをしてきました。バシッと叩くのではなくポンっと叩くような感じの可愛い雰囲気のあるパンチでした。

ほっぺたをふぐの様にふくらましたり、まるで少女のような怒り方をわざとしてきます。年齢を考えると違和感があります。苦笑いを私がすると「あーん、ひどーい、笑ってごまかしてるー」と言います。

小さなことを大きく表現します

ちょっとしたことでも「しゅごーい」「あーん嬉しいー」と少女のようにはしゃぎます。いつも同じ調子なので、わざとではないと思うのですが、わざとしているように感じてしまいます。

同僚に相談すると・・・

少し見方を変えるだけで心が落ち着くことを知りました。

休憩時間、同僚の女性社員に、このことを相談しました。正直嫌でも耳に入ってくる猫なで声で仕事に集中出来ず、神経をすり減らしているということを。そんな私の相談に女性である同僚は驚きました。

「えっ?男ってみんな、ああいうのが好きじゃなかったの?」確かに、ぶりっ子はモテると良く言いますが、それは時と場合によります。なので「こんなことを言うのもなんですが、鼻につくっていう感じですかね?」と言うと「私はそんなに気にしてないよ」と言われました。

ぶりっ子は女性に嫌われやすいといいますが、同僚女性は気にしていないそうです。むしろぶりっ子が出来る彼女を面白く見ているそうです。そして気にしている私にこう言いました。

なるほどと思った同僚女性の言葉

「熊さんは頭の中が仕事、仕事、仕事で余裕がないのと違うかな?」

「いっそのこと、ふなっしー(千葉県船橋市非公認のご当地キャラ)がはしゃいでるって思ったら?」

この言葉にプッと笑ってしまいました。確かにぶりっ子そのものは嫌いではありません。プライベートでは好きかも。しかし、仕事でイライラしていて受け入れる余裕がないからストレスになるのだと気付きました。

いっそのこと、ふなっしーの様に、ゆるキャラと思ってしまえばどうか?確かに少し見方を変えるだけで心が落ちつくと思いました。

その後、一人になり、自分の心の中を分析しました。まず、なぜぶりっ子が気になるのに注意しないのか?これには3つの心理が働いていました。

ぶりっ子が気になる3つの心理

1、 相手を傷つけたくない心理
2、 注意することで悪者になりたくない心理
3、 言っても無駄だと思う心理

つまり、他人の個性を自分の思い通りには出来ないと言うことです。それをしようとすれば大きな軋轢が生まれると言うことです。

彼女はオンとオフを上手く使い分けています。接客業でお客様の前では、ぶりっ子な態度は封印しています。だから仕事には差しさわりがないのです。だからみんな、見て見ぬふりをしているのです。

ぶりっ子が気になるかどうかは心に余裕があるかどうかの判断基準

良く考えてみると、ぶりっ子そのものは、眉間にしわを寄せてイライラしている人よりも害がないように思われます。相手の個性を認められないのは自分の心に余裕がないからです。

だから、少し見方を変えてみることが大事でしょう。人の個性はいろいろあるから面白い。30代後半でこんなことも出来るんだという個性が見れるのも仕事の楽しみの一つと受け止めた方が精神衛生上良いでしょう。

だから相手の個性を認められるかどうかは、自分の心に余裕があるかどうかの物差し(判断基準)になるでしょう。職場は仕事をしに来ている所です。仕事に差しさわりがない相手の個性は温かい目で見るように努めたいものです。