ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

はてなブロガーの僕がアサヒ芸能の記者にインタビューされたよ

アサヒ芸能の記者さんから、このようなメッセージを頂きました。

ロバート・熊 様
はじめまして。突然のメールにて失礼いたします。
私はアサヒ芸能で記者をしております、〇〇と申します。
実は、昨日熊さんの著書「あやしい催眠商法 だましの全手口」を購入し、たいへん興味深く拝読いたしました。
元・催眠商法の講師だからこそ書ける、「高齢者の心に入り込み、つかみ取る」そのだましの手口に、驚くと同時に妙に納得させられ、グイグイ引き込まれました。
そこで、是非、熊さんに「催眠商法4つの危険性」と「被害に遭わないための対処法」を中心に、お話を伺いたいと考え、ご連絡を入れさせていただきました。
基本的には対面を希望しますが、お時間がなければ電話でも結構です。お忙しいとは存じますが、ご検討のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

ビックリしました。

運が良かったとしか言いようがありません。

僕が書いた「あやしい催眠商法だましの手口」は発売と同時にAmazonで在庫切れをおこしてしまい、書店でも見つからない状態が続きました。

そんな中、本を手に入れてもらい、こうして連絡をくださったのです。

先に出版社の自由国民社に連絡があり、その後ブログからメッセージを頂きました。

アサヒ芸能。こんな雑誌です。

 

 

これ、本当なら、なんという光栄なことでしょう。

いつの号に掲載されるのでしょう?

どことなく本の内容から漂うヤバそうなものに興味を持ってくれたのでしょうか?

ヤクザ、金、女、スキャンダル・・・社会の底辺に潜む闇のお話。

なんか、そういうのが好きそうですよね。

そういうのを読みたい読者に支持されていそうな雑誌です。

いずれにしても、本の宣伝が出来るチャンスになりそう(笑)。

たっぷりと利用させてもらおうと思いました(笑)。

しかも、僕が東京に行くのではなく、東京から関西にきてくれるのです。

会うのが楽しみになりました。

ホントに来てくれるのかな?

ホントに来てくれたら、ヤバイ話をいっぱいしてあげちゃおう。そういうの好きそうだもんね。

そして、当日11月11日の日曜日です。 

アサヒ芸能の記者さんに会いました。

駅前のスタパで待ち合わせ。

でも、スタパは客がいっぱい。

 これから、僕たちが話することは、人から聞かれるとヤバイ話。

「どうします?」

「じゃあ、違うところで」

駅周辺を二人で歩きました。

日曜日、どこ行っても人で一杯。

落ち着いて話出来る場所がない(涙)。

「いつも、喫茶店どこにするか悩むんです。僕がインタビューする人たちの話って、人に聞かれるとヤバイ内容ばかりですから」と言われました。

 なるほど~分かるよ、それ。

でも、どこもいっぱいなので、結局スタパに戻ってインタビューしてもらったのです。

この記者さん。すごく人当たりが良かったです。

めちゃくちゃ、いい人っぽい。

話を聞きだす達人。

気持ちよく僕の話を聞きだしてくれました。 

「今年に僕が読んだ本の中で5本の指に入りますよ」
「映画化できるんじゃないですか?」
と僕は褒められ、気持ちよくなりました。

ちなみに映画化は最終的な目標です。

催眠商法物語。主人公は若いころの僕にそっくりな松坂桃李さん。

なあんてね。

話を基に戻すと、催眠商法の会社に勤めていた時の様子を中心に

いろんな質問に答えるたびに

「へぇ~~」

「うわ~~~面白い」

身を乗り出し話を聞いてくれた記者さん。

ずっと笑っている。好きなんでしょうね。こういう話。

僕は嬉しくてたまらなくなり、やばい話をいっぱいしちゃいました。

さすが、アサヒ芸能のカリスマ記者です。

話を聞きだすのが、めちゃくちゃ上手い。

話していて楽しい。

あっという間の2時間。

最後に、写真を頂いていいですか?

いいですよ。

なんと、僕の写真を雑誌にのせてくれるそうです。

ついに熊さん、グラビアデビューか?

 「雑誌がでると、次はテレビから話が来て、映画化も夢じゃないですよ~」だって。

いや、もう褒めすぎだろ?リップサービスが気持ちいいです。

おい、熊さん、騙される人を一人でも救うという目的はどこ行った?

ただ遊んでいるだけじゃないか?

うん、自分でもそう思うぐらい話していて楽しかったのです。

いやもう、これね。

生きてて楽しすぎるって感じでした。

で、いつ発売の号に掲載されるの?ってことですが。

実は、ある程度決まっているのだけれど、週刊誌という性質上、確実な日にちが決まった時にブログで告知してもらっていいですよと言われています。

で、もちろん、どんな内容のインタビューだったかという詳細なことはNGになっています。

本当にいろんなことを2時間たっぷりと話しました。

どんな記事になるのか?

僕が話したどの部分をどんな視点で?

すごく楽しみで今、ワクワクしているところです。

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

 

「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」
単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 
筆者 ロバート・熊
イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき
身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。
★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策も分かります。

大型書店の法律書の棚に並べられていることが多いです。
お近くの書店に置いてない時は、本のタイトルをお控えになり、お取り寄せでお願いします。

 

催眠商法の営業内容の詳細がなぜ世の中に知られることがなかったのか?

外側から見てもその仕掛けは分からない

ブラック企業にアルバイトとして潜入し、その企業体質を暴いたジャーナリストが話題になったことがあります。

実際に働いてみないことには分からないことがあるからです。

ではこれが催眠商法の会社だったとしたらどうでしょう?そこの従業員として働くということは怪しい売り方に手を染めるということです。

社会の悪を暴くという意味で潜入したのなら、とてもではないが出来ることではないでしょう。

客として潜入しても仕掛けは分からない

では客として潜入するのはどうでしょう?実はこれもハードルが高いのです。

高額商品を買いさえすれば、通い続けることが可能だが、自分以外は全員お年寄りと言う中で長期間通い詰めると浮いてしまい居心地が悪くなります。

客のほとんどがお年寄りである会場では「あの人、あの若さでここに来ているけれど仕事をしているのかな?」と変に思われるのです。

さらにその手口を暴こうと思っても、マジックショーのように外側からは面白おかしく見えるだけで隠された仕掛けは分からないのです。

話される内容もどこまでが本当でどこまでが嘘なのか?どういう目的をもってその日の話がされているのか?従業員でなければ分からないのです。

従業員でなければ仕掛けは分からない

マジックショーを見ただけではマジックが再現できないのと同じ理屈でそこに深く携わった人間でなければ仕掛けは分かりません。

催眠商法の従業員には大きく分けて2つの役割で分担されています。前で話をする講師と一対一で接客をするその他の社員。

私のように両方を深く経験した者だけが、その手口の詳細を詳しく語ることが出来るのです。

しかし、日本中に山ほどある催眠商法の会社で、そこで働く従業員も山のようにいるにもかかわらず、その手口の詳細はほとんど語られていないのは不思議ですよね?

ネットで検索しても簡潔に説明されているだけです。

例えば、「閉め知った会場でお年寄りを集め、言葉巧みに熱狂的な雰囲気を演出し冷静な判断力を失わせる」といったもの。

これだけでは細かい演出や言葉の持って行き方までは分からないのです。

ではなぜ催眠商法で講師にまでなった人間はその手口を語りたがらないのか?これにはいくつか理由があります。

手口を語りたくない理由

① せっかく身に付けたノウハウを他人に教えるのはもったいない。
② 報復が怖い、手口をばらすと言うことはその会社を敵に回すことになる。どのような反社会勢力と結びついているのか分からない。命を狙われるかもしれない。
③ 詐欺をしていたことを認めたくない。

ちなみに私にとって本書を執筆するまでためらっていた理由は3番目の詐欺をしたことを認めたくなかったことです。

相手を本当の意味で騙すには自分を本気で騙さなければいけなくなるのです。

催眠商法の会社の社員は自分の会社を催眠商法の会社だと思っていてもそれを思わないようにしています。

ふざけた価格の商品でも、そこにはきちんとした理由があると納得した上で営業をしています。

心の中に迷いがあるうちは本当に強い営業は出来ません。

そうして自分のやっていることを必死で正当化しようと努力するのです。自分で自分に「これは悪いことではない」と言い聞かせ続けます。

客もそんな自分を信じて買ってくれるのです。そして客と深いつながりが出来るようになり、それは辞めた後でも続きます。

私も辞めた後に何人もの仲良くなった客から電話が来ました。

覚悟の出版

自分のことを本当に可愛がってくれた客。応援と言う形で何度も買ってくれた客。
そんな客に、今さら「詐欺でした」とは言えないものです。

催眠商法のターゲットはお年寄りであり、本気でそれに取り組めば組むほど自分を信じて買ってくれるお年寄りが増えていきます。

そんな人の顔が目に浮かび、手口をばらす気はなくなります。

なので、みんな辞めた後でもその手口を語らないのでしょう。

しかし私は決断しました。本気で誰も書きたがらないことを書かずして世の中は変わらりません。

この本には催眠商法が2か月間営業していく順番でその話の流れの詳細が書かれています。

これは命を狙われるかもしれない覚悟の上で書いたものです。

 

 

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」

単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 

筆者 ロバート・熊

イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき

身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。

★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元・詐欺会社の社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策もわかります。

催眠商法の一つの高額商品の宣伝における7日間の構成について

催眠商法の2か月間

「あやしい催眠商法だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと」

この本には、よくある2か月間の営業スケジュールに沿って、どのようなセールストークを使い、いかにお年寄りに高額な健康食品を売りつけるのかを1日ごとに日を追って説明しています。

7日間構成で高額商品を宣伝する

催眠商法の開催期間が2か月間あるとすると、高額商品を6つ宣伝します。
その多くが7日間の構成で話が進められます。これは催眠商法の伝統として先人たちが作り上げてきた構成です。
一日目 興味
2日目 連想
3日目 比較
4日目 期待
5日目 確信
6日目 勢い
7日目 満足

 

ちなみにオープン時はこの1日目の興味の前に信用と安心を与える構成が加わります。

一つ一つを説明しますね。

まずは1日目の興味。

これは、紹介したい商品の話につながるようなそれでいて興味をそそるような話をします。

例えば布団を宣伝する時はまず、その素材であるワタを見せます。そのワタを肩こりや腰痛や目のしょぼしょぼなどの気になるところに当てると良くなると説明し、興味をもたせのです。

その逆に恐怖を与えることもあります。認知症に良い健康食品を販売する前に認知症がどれだけ家族に負担をかけるのかを話して恐怖を植え付けるのです。

つまり1日目の興味と言うのは話の構成のつかみの部分になります。

そして2日目の連想。

初日の話の流れから連想させること。例えば昨日配ったワタは何で出来ているのか?そんなことを連想させ、「知りたい」「教えてほしい」という気持ちを煽りその後にワタの説明をするのです。これが連想です。

そして3日目は比較。

興味をもって連想してきた客に商品をやっと見せます。そこで他の類似した商品とはレベルの違うすごいものだと比較して説明していきます。

4日目は期待。

それまでの説明で良いのは分かったけれど、値段はどうなの?と気になる客に定価を発表します。そして「その定価を特別価格に出来るように交渉します」と次の日の売り出しに向けて期待をさせます。


そして5日目は売り出し日。

「今回だけの特別価格」「数量限定」これなら買ってもいいだろうと客に確信させます。


6日目は勢い。

売り出しが始まりどんどん注文が入っている熱狂ぶりを話の中で演出します。「さっそくたくさんの方に申込みいただきまして・・・・」と興奮気味に話をしていくのです。


7日目は満足。

商品を配達し、手に入れた客が本当に良いものを手に入れたと感じるように話をしていく日です。

以上が7日構成です。

.この構成は5日間で宣伝する時や1日で宣伝する時にも適用されます。


一日で宣伝をする千円程度の商品も、興味、連想、比較、期待、確信、勢い、満足と一気にこの流れで話を進めていくのです。

7日間かけて行う高額商品の宣伝。一日一日がとっても意味のある構成になっているのです。

この本では、そういった1日ごとのだましのポイントを詳細に書き起こしました。

騙されないために、身近な人を守るために役立てていただければ幸いです。

 

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

11月7日現在。Amazonの在庫がきれております。楽天ブックスはまだ在庫がございます。

 

「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」
単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 
筆者 ロバート・熊
イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき
身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。
★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策も分かります。