ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

注意した人間に嫌な顔をされ続けたら注意をする気がなくなる話

 口うるさい先輩に嫌気がさしていた私

とても細かいところまで注意をしてくる先輩がいた。正直いって嫌だった。これぐらいで、どうして注意をしてくるのだろうと思った。まるで私を目の敵にしているかのように、色々と細かいところを指摘してきた。


ある日、その先輩から「午前中までに終わらせてくれ」と仕事を頼まれた。日頃から口のうるさい先輩に嫌気がさしている私はいやいやながらその作業をした。いやいややっていたから中途半端なやっつけ仕事で終わった。

先輩は上司に相談したようだ

午後になり、上司に呼ばれた。上司は「仕事を中途半端で終わらせるのは良くないよ」。

これに対して私は、「忙しくて、きちんとする暇はありませんでした。私もあれで終わりだと思っていません。中途半端だと思っています。だから後できちんとするつもりでした」と言った。

これに対して上司は、「先輩に午前中までに終わらせるように言われたんじゃないか?それなのになんでそんな言い訳をするんだ?言われたことをきちんと最後まで出来なかったら素直に謝るべきじゃないか?」

どうやら先輩は上司に相談したようだ。先輩が私に午前中で終わらせるように言ったことを上司は知っている。

なので、私の、「後でする」と言う言葉を「言い訳だ」と言ったのだ。本来であれば午前中に出来なかったのなら、それを報告すべきだった。それをしなかったのは怒られても仕方がなかったことだと思った。だから私は謝った。

どうして先輩は私に直接注意をしてこない?

しかし、その後どうも納得できない気持ちになった。なんで先輩が直接注意をしてこなかったのだろう?なんで上司が注意してきたのだろう?考えれば考えるほど心の中で疑問が大きくなった。

そして上司に「納得できません。なんで先輩は直接注意してこなかったのですか?」と聞いた。

上司は、「お前はいつも言い訳をしているだろ?先輩から注意されて嫌な顔をしたことはないのか?」言葉につまった。実際に注意されると言い訳が多いし、嫌な顔をすることもあったからだ。

自分もそれは駄目だと分かっていた。分かっていながら本気で直そうとはしなかった。しかし、それではどんどん自分の職場での居場所がなくなる気がしてきた。本気で直さなければいけないことだと思った。

原因は私の日頃の態度だった

先輩はとても細かいところまで注意してくるのだが、好きで注意をしてくる訳じゃない。

注意した人間に嫌な顔をされ続けたら注意をする気もなくなるだろう。そうなると別の人に頼まなければならなくなるだろう。

どうしてあの時、先輩は直接私に注意しなかった?なぜ上司が先輩の代わりに注意をしてきたのか?その原因は私の日頃の態度だった。

その後、気持ちを入れ替えて嫌な感情を顔に出さないように気をつけた。それとともに重要な仕事も任されるようになった。そして仕事を後輩に割り振れる立場になった。

後輩の中には、めんどうな仕事を頼まれた時に、露骨に嫌な顔をする人がいた。かつての自分を見ているようだ。

仕方なく引き受けてくれても、いやいややっているように見える。逆に、笑顔で引き受けてくれる後輩もいた。そんな人は圧倒的に輝いて見えた。

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

 

「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」
単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 
筆者 ロバート・熊
イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき
身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。
★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策も分かります。

大型書店の法律書の棚に並べられていることが多いです。
お近くの書店に置いてない時は、本のタイトルをお控えになり、お取り寄せでお願いします。

周囲から不満をぶつけられない立場になったからといってその不満が消えたわけではない

 

年を重ねあれこれ言われなくなる前に知っておきたいこと

仕事の指示を同じように出しても、人によって反発をされやすかったり、されにくかったりすることがある。その大きな理由は舐められているかどうかの違いだ。

舐められないための要素は年齢からくるもの、役職、体の大きさ、顔のいかつさなどがある。いずれにせよ、若い頃の私は年齢からくる貫禄もなければ見た目の迫力もないために、そういった舐められない人に憧れをもったものだ。

しかし、年を重ね、舐められなくなる前に知っておくべきだと思った出来事がある。とても威圧感のある上司の下で働いた時のことだ。

威圧感のある上司

上司は、「急ぎでこれやって」「先にこれやって」と、とうてい時間通りには終わらないであろう仕事量を与えるタイプだった。

しかも、周囲につべこべ言わさぬ威圧感があり、無茶ぶりだからと言って断りにくい雰囲気があった。さらに問題なのは、本人はほとんど動かずに指示だけを出すことだった。

それで職場に余裕があるのならいいのだが、少ない人件費の中では上司も動きながら指示を出さなければ手が回らなくなるのだった。

しかし、ちょっとしたことでキレやすいタイプの上司に意見を言う人もいなくなり、上司には周囲の大変さが見えなくなっているように思った。

部下からのお願いにキレる上司

それでも、私は意見を言ったことがある。私の担当している仕事も手が回っていなかったのだが、それ以上に同僚の担当している仕事の手が回っていないのは明らかな状態だったので、「このままでは○○さんのところが終わらなさそうですよ」と言ったのだ。

すると上司は、若干キレ気味の口調で、「え?何?俺に手伝えって言ってるの?」と言った。

この言葉に若干ひるみながら私は、「はい。手伝ってもらえないと、とても終わらないと思います」と答えた。

結局、上司は同僚の仕事を手伝うことになったが、私に意見されたことに腹を立てたのだろう。

忙しくて手が回っていない私に、「あっ熊さんのところは完璧にしといてよ」と言ってきた。

私は、「え?完璧って?手が回っていないのに?」と思ったが上司からの言葉ということもあり、「ハイ」と返事をした。

すると、「ハイって返事をしたよな。じゃあ完璧にしといてよ」と言われ、なんだかすごく嫌な感じがした。

上司がほとんど私たちの仕事を手伝ってくれないから手が回っていないのだ。一緒に頑張って戦おうという気持ちが伝わってこないのだ。ただ、「これやっといて」だけで丸投げして終わりなのだ。

私が、「ハイ」と返事をしたのは、上司に対して、「それは難しいです」という反論や、「出来る限り頑張ります」という中途半端な返事をするのはどうかと思ったから「ハイ」という返事をしたのだ。

しかし、その「ハイ」と言う言葉に責任を持つと本当に家に帰ることが出来なくなる。だから、「出来る限り頑張ります」という言葉に訂正した。

何もしてくれない上司のことを本社に告発

その後周囲で、「上司は何もしてくれない」の声がどんどん大きくなってきた。しかし、すぐにキレる上司には直接不満を言う人もいなかった。

そんな中、いきなり上司は降格され他部署に異動することになった。その原因は、内部告発があったのだ。一人の従業員が本社に訴えたのだ。

「何もしてくれない」「すぐにキレる」この訴えに本部の上司が動いてくれたのだ。
本部の上司は、訴えた一人の意見だけでは真相を把握することは出来ないということで、別の従業員にも聞きとりをしたのだ。すると、出るわ出るわと、みんなの口から不満が大爆発したのだ。

周囲につべこべ言わさない威圧感は羨ましいと思う。何かあったらすぐに不満をぶつけられる言われやすいタイプの私と違って、つべこべ言わさずに人を従わせる事が出来るからだ。

しかし、不満をぶつけられないだけで、その不満は消えないのだ。不満はマグマのように、今か今かとたまりにたまって大爆発するのだ。

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」
単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 
筆者 ロバート・熊
イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき
身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。
★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策も分かります。

 

サービス残業は周りに大きな気を使わせる

 

自分の担当している場所だけをするわけにはいかない

20代のころ、食品スーパーのアルバイトをしていた。アルバイトでありながら一つの売り場を任された。とても大きなやりがいを感じた。

この任された売り場を完璧な状態で維持するのが私のこだわりになった。しかし、この売り場だけの仕事をする訳にはいかなかった。

ギリギリの人員での営業

店全体のことを考えて、違う作業も指示された。レジ業務、荷捌き業務、他にすることは沢山あった。

任された売り場のことが気になり、それだけをしたかったのだが、それは許してもらえる状況ではなかった。

ギリギリの人員で営業をしているようで、それは仕方のないことだと思った。
私が勤めていた地域のスーパーはとても価格競争が激しく、他店より1円でも安くと企業努力をしていた。

さらに追い打ちをかけるように次から次に他社のスーパーが出店をしてきてお客さんの奪い合いになってきた。

与えられた時間では足りない

会社は安さを求める一方で、様々なイベントや企画を考えるようになった。ギリギリの人員での営業であるにもかかわらず、さらに、一人一人の負担が大きくなってきた。他の従業員を見ても、余裕のある人はいなかった。

それぞれ自分の任せられている仕事を満足に出来る状態ではなかった。

しかし、私はこだわりたかった。任せられた以上は、完璧にしたかった。しかし現実は厳しく、与えられた時間内では満足に出来なかった。

私は仕方なくサービス残業をするようになった。周りは、「明日出来る事は明日したらいいよ」と言ってくれた。

ただ働きのどこが会社に迷惑をかけているのだ?

しかし、私はその考えが嫌だった。きっちりしてから帰りたかった。そのうち毎日のようにサービス残業をするようになった。

そんな私に店長が注意してきた。「ただ働きは会社として問題だからやめてくれ」私は理解出来なかった。

好きでやっていることだ。ただ働きのどこが会社に迷惑をかけているんだ。誰にも迷惑はかかってないはずだ。自分の任せられた仕事をきっちり終わらせたい気持ちは評価されるべきで、注意されるべきではないはずだ。

しかし、会社からは、従業員のサービス残業を大きな問題と捉えていた。会社が残業を禁止していても、それが徹底できていないと残業代を支払う義務が生まれるからだ。

ただ働きを見て見ぬ振りできない理由

本来、残業は上司の指示で認められるものだが直接的な指示がなくても、上司が見て見ぬふりをしていたら、間接的な指示があったものとして残業代が認められる。

さらに、与えられた時間内にとうてい終わる事の出来ない仕事量があった場合も、間接的な指示があったものとして残業代が認められる。

実際に従業員から未払いの残業代を求められた裁判でも同じ判断が下されたそうだ。だから、そうならないためにも与えられた時間がきたら仕事を上がるように指示された。

しかし私は反論した。

「別に残業代が欲しくてやっているんじゃありません」

「私は残業代を請求するつもりはありません」

しかし、これも許されないことだと店長に教えられた。私がサービス残業を日頃から行っていると周りの人達も「あの人もやっているから」という考えになる。

残業代を請求しづらい雰囲気にもなる。残業するのが当たり前のようになっていく。この流れは決して良くない。会社がブラックになることも考えられる。

そんなことは誰も望んでいない。好きでやっているサービス残業。誰にも迷惑なんてかけていない。それは自分の勝手な思い込みだった。

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

 

↑ ↑ ↑

会場に多くの人を集め巧みな話術と過剰な演出で高額商品を購入させる講演内容の詳細を書きました。