ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

妻が海外先物取引の会社に騙されて1千万円の勝負をさせられ弁護士に相談しました。

f:id:robakuma:20170822231048p:plain

「どうしてそんな大事なことを黙っていたんだ?」

「私、投資を始めたの」

妻の突然の言葉に耳を疑いました。普段、10円でも20円でもと安い買い物を心がける妻がまさか投資を始めるとはビックリしました。

「なんで黙って始めたの?」 私の問いかけに妻は、「だって、あなたに言ったら反対するでしょ?」と答えました。

確かに私は反対したでしょう。素人がそんな簡単に儲かる世界ではないからです。

「ちゃんとした投資の会社だから」とパンフレットを見せてきました。

「ところでどういう投資なの?」私の問いかけに 立派なパンフレットを片手に妻は、「海外先物取引」と答えました。

「え?海外?それってどういうものか理解してるの?」

私の問いかけに妻は「大丈夫、お客さんはお金を出すだけで、実際に取引をするのはその会社だから知識がなくても大丈夫。プロが運用してくれるから安心なの」

「おいおい、知識がないからプロに任せるって一番駄目なパターンだろ?」

私の心配に妻は、「大丈夫、最初電話がかかってきて、それから営業の人が家に来たんだけど、その時は怪しいかな?って思ったんだけど、実際にそこの会社に見に行ったの」 「そしたら、都会のど真ん中のビルの中で、凄く大きな事務所だったの」と言いました。

妻の話によると、本当にその会社は信用が出来るのかと事務所まで見に行ったそうです。するととても大きな立派な事務所で他のお客さんも来られていて、実際の取引の実績も大きなものらしいので、こんな大きな会社だったら安心だと思ったそうです。

「私だって馬鹿じゃないんだから損しても納得出来る額だけにしてるよ」

「いったいいくらのお金を出してるの?」 私の問いかけに妻は、「100万円」と言いました。話によると始めてすぐにそれが120万円になったそうです。

そこで、「もっとお金を追加するとさらに儲かりますよ」と言われたけれど断ったそうです。

投資というものは損をすることもあることは理解しているようで、貯金の中から100万円だけと決めて、ある程度大きな損が出たらきっぱりとやめるつもりでいてたそうです。

「その契約書を見せてくれる?」

そういって契約書を見せてもらいました。するとそこには100万円の数字がありました。

しかし、良く見ると100万円の数字のそばに、10,000,000の数字がありました。 「あれ?」と思いました。

100万円だよな?でも何度見ても1000万円なのです。どうやら100万円を証拠金にして1000万円の勝負をさせられていました。

妻はそれを知りませんでした。1,000,000 も10,000,000も普段見慣れていない数字なのでてっきり100万円だと思っていたそうです。

「シャレにならん金額だぞ」

と言うことで妻もどうしようかということになりました。 「よし、消費者センターに電話しよう」 いきなりそこの会社に「どういうことだ?」と電話をするよりも、こういった問題に詳しい専門家に相談したほうがいい。

とりあえず消費者センターなら無料だと思い電話をしました。 すると、こういった問題は弁護士の先生のほうが法律的に詳しいので、よろしければご紹介しますと言われました。

そしてさっそく電話で相談の予約を入れ弁護士の先生に会うことにしました。 担当してくれたのは美人弁護士でした。 深刻な相談の場で、若干ドキッとしました(汗)。とても綺麗な美人弁護士の先生だったのです。

「最近そういう相談が増えているんです」

弁護士の先生の話によると

「こんな立派な会社だったら大丈夫だろうと思った」

「こんな豪華なパンフレットだったら大丈夫だろうと思った」

「営業の人がしっかりしてそうだから大丈夫だろうと思った」

相談に来る人はみんなそう言うらしいです。「会社の事務所が立派だから」「パンフレットが立派だから」というのはその会社が信用出来るかどうかの判断基準にはならないそうです。

むしろ、お客さんに信用してもらうために立派な事務所を構えていることが考えられるのです。

「奥さんはこの投資がどういうものか御理解されてますか?」 先生の問いかけに妻は、「担当者からきちんと説明をうけているので大体は理解しています」と答えました。

「じゃあ、このパンフレットにのっているこれについて説明できますか?」 なにやら難しいことが書かれているページでした。

当然のように妻は、「分かりません」と答えました。

すると先生は「そうですよね。もしこれを一つずつ説明できるほどの知識が奥さんにあるのでしたら、その会社に頼らずにご自分で投資されていると思いますよ」

先生によると、海外先物取引は投資の中でもトップクラスに難しい投資だそうです。投資と言えばまっさきに思い浮かぶのが株式投資です。

ですが、日本に住んでいる私たちでも日本のどの会社の株が上がるか下がるかを予想するのが難しいのに、海外先物は海外の情勢を読みとらないといけないからさらに難しくなるのです。プロでもなかなか利益を出せないほどの難しさだそうです。

「これって解約できますか?」

「解約しようと思うのですが、何かと理由をつけてお金を返してもらえないってことはないですか?」

私の不安に先生は 「そういったことも考えられますが、そう言った場合には相談していただければ内容証明をその会社に送り返金に応じるようにさせてもらうことが出来ます」と言われました。

先生が今まで相談にのったケースでは、解約しようと思っても会社そのものがなくなっていてお金を取り戻すのが困難になった人もいるそうです。

それに対して、妻は立派な事務所を見に行ったばかりだから、その事務所が存在するかぎり打つ手があるのが救いです。

「もし、後で電話をするのが不安でしたら、今この場所で私がいてる前で電話をしてもらってもいいですよ」と言う 先生の問いかけに、「大丈夫です。後で自分で解約します」と妻は言いました。

私たちは先生に、「相談して、とても良かったです」とお礼を言い弁護士事務所を出ました。

早速妻が問題の会社に電話をしました。

「主人に反対されてどうしても解約したいのですが」

「今、解約すると損ですよ」

妻の解約の電話に担当者は、「今解約すると80万円しか戻ってきません。でも、もうちょっと待てば値段があがるから絶対解約しないほうがいいですよ」と言ったそうです。

妻は一旦電話をきって私に相談してきました。

「今、解約したら損するらしい」と。私にとって多少の損は予想の範囲の中なのです。もうちょっとまてば返ってくるお金が変わるという気持ちで待つのは大きなストレスです。

「だから、100万円が80万円になってもいいから解約してほしい」 と言い解約してもらいました。

20万円の損ですがいい人生勉強にはなったと思うようにしました。

妻は100万円の勝負のつもりが1000万円の勝負をさせられていたことに対して私に、「ごめんなさい」と言ってきました。

私は「まだ若くて働き盛りの時の失敗だからいいよ」 「年を重ねて、年金暮らしになってから痛い目をみるよりはましだ」と妻に言いました。

人生ではシャレにならないほどの失敗でなければ多少の失敗は予想の範囲内だと思います。 そして今思うのは、相談料30分5000円の弁護士への相談は本当に価値があり勉強になりました。弁護士の先生にはとても感謝をしています。

レジばかりする店長は頑張っている店長だとアルバイトに勘違いされる

f:id:robakuma:20170820220832p:plain

あの店長、全然動きませんね

食品スーパーのおやじです。この仕事をしていてつくづく思うことは、アルバイトさん、パートさんが見ている景色と社員が見ている景色に若干のちがいがあることです。

違いがあって当たり前。その中でどう自分は動いてお互いに理解を深め合うことが出来るのか?

そこを考えなければ風通しの良い職場とは言えないでしょうね。今回お話することは、どこの会社にも似たような上司がいるのではないでしょうか?

部下が中心となりやる仕事を自分のメインの仕事にしてしまう上司です。うちで言えばレジばかりをする店長です。

やっかいなことにこのレジ打ち要員店長はアルバイト・パートさんに人気が出ることがあります。

逆にレジをしない店長を「全く動かない店長ですね」と言われることもあります。見えている景色の違いです。

直接目に見える業務であるレジ打ちをする方が良く動く上司だと思われるのです。しかし、見る人は見ているのです。その店にじわりじわりと迫る危機を。

「今の店長はどうですか?」

本部の上司から、「今の店長はどうですか?」と聞かれることが多くあります、実を言うとこの質問は上司に多少不満があってもなかなか答えにくいものです。

よほどのことでないかぎり、「問題ございません」と答えるようにしています。 なぜなら店長が交代するとどうしても前任の店長と今の店長を見比べて多少の不満は出るからです。

つまり多少の不満というものは店長の個性の違いだけで、私たち部下やアルバイト、パートが店長の個性に合わせられていないだけであることがあるのです。

店長の個性の違いは得意な仕事の違い

店長は店の責任者であり、従業員に指示を出す立場です。指示を出される立場でないから自分の仕事は自分で決められます。

なので店長が得意な仕事ばかりするのは当然のことであり、それが店長の個性になっているのですが、それに合わせることが出来なかった時に従業員から不満が出るのです。

店長が交代して、ある店がガタガタになった理由

上司が、ある店を見に行った時、その店の状況に愕然としたそうです。売り場作りがなっていませんでした。

お客様が買い回りしやすいように、季節感を考えた上での売り場が出来ていなかったのです。

原因を店長に聞くと、「〇〇君に任せてたから」という言い訳をしたようです。その後、上司はさっそく〇〇君に聞くと、違う答えが返ってきたそうです。

今の店長はレジや、荷捌きばかりで、何も言ってこないんです」と。

これに上司は店長に注意しました。

上司「何で、レジばかりしているの?」

店長「誰も入りたがらないから・・・」

上司「それはあなたが指示しないからでしょ?」

腑に落ちないような表情をした店長に上司はこのように言いました。

「どうしてレジを他の子に任せて売り場で指示を出さないの?」

「売り場を見たくないの?」

「もしかしてレジに入って現実逃避しているの?」

店長はひたすら謝るしかなかったそうです。 この話を聞いた私は、「なるほどーそう言えば私も昔、現実逃避して怒られたことがあったなー」と昔を思い出しました。

居酒屋での修業時代

たったの半年で店を持たせてもらえるという小さな居酒屋のフランチャイズに入った時のことです。

修業先の店長(私にとっては師匠)はとても厳しくて怖い人でした。 とても忙しい店で、洗い物がどんどんたまっていきました。

必死で皿洗いをしました。最初はそれで良かったのですが、修業期間は半年です。 いろいろと学ばなければいけないことが多かったです。

それでも皿洗いをしていたのは、皿洗いは大事な仕事だという意識が私にあったからです。 綺麗な皿がなければ料理が提供出来ません。 だから必死で頑張ったのです。

しかし、その様子を見た師匠がある日近づき、「もっと前に出ろよ」と言ってきたのです。 元気よく「ハイ」と返事をしました。

尊敬できる師匠の言葉には「ハイ」か「すみません」しか返す言葉はありませんでした。 しかし、「ハイ」と返事をしたのに、なかなか前に出れませんでした。

調理場は戦場のように、みんなピリピリしていて、なんか遠慮をしてしまうのです。 「私が前に出ていいのかな?」という遠慮する気持ちになっていました。 そして、師匠に大きく叱られました。

「店長が皿洗いばかりしてたら店がつぶれるんだよ」

「お前は何しに来てるんだ?店長になるために修業しに来ているんだろ?お前がアルバイトだったら、怒らないけれど、お前は半年たったら店長なんだよ」

「店長が皿洗いばかりしてたら店がつぶれるんだよ。皿洗いは他のバイトに任せてもっと前に出ろ、何を怖がっているんだ」

この店長の言葉に、他のバイト君だちが「皿洗いは僕たちがします」と言ってくれて、私は調理のほうをすることになりました。

今思い起こすと、私は現実逃避をしていました。

毎日毎日ボロクソに怒られて、前にでるのが怖かったのです。皿洗いは単純でモクモクと出来ます。 それなのに皿洗いはとても重要な仕事です。

これをしていたらとりあえずは頑張ってることになると思ったのです。しかも無心になれるのです。私は、わずか半年しかない修業の目的を忘れ現実逃避をしていたのでした。

上司は全体を見渡すことが大事

今回の、レジばかりをしてた店長は私が皿洗いばかりしていたことに似ていると思います。

レジはとっても大事な仕事です。逆に忙しい時にパートさんに任せっきりで混んでいてもレジに入らないとこれはこれでみんなの不満が爆発します。

実は皿洗いもレジ業務も、たいていの場合、パートさんやアルバイトさんが中心になってやっていることで、そこにまったく手を出さない上司もいるのです。

そんな上司に対して、パートさんたちが「あの店長は全然レジに入ってくれないね」と不満をいうことがあります。

そこで、レジに良く入る店長が異動してくると、「あっ、今回の店長は率先してレジに入ってくれている」と人気が出ることがあります。

ここに大きな問題が隠れているのです。店長がレジ打ちも率先してやっている。なかなか良い店長だとみんなから喜ばれる。

実はこの辺のさじ加減と言うのは難しいです。店長だからと言って、下の者の仕事はしないとふんぞり返るのではなく、いざと言う時はアルバイト・パートの仕事もサポートするぐらいでなければ風通しの良い職場は作れないものです。

店長だからアルバイトだからと関係なく忙しい山場では手助けをする姿勢を悪く思う人はいないでしょう。

店長だけど、下の者の仕事もきちんと手伝ってくれていると人気が取れるでしょう。ここを勘違いして、これは良い行動なのだと思ってしまうことに問題があります。

なぜなら、店長には店長にしかできない仕事があるんです。それはアルバイト・パートさんには直接見えないこともあります。

なので、下手をすると、直接見えずらい店長業務よりもレジという誰がどう見ても頑張っている業務の方が頑張っている店長に見えるのでしょう。

忙しい時だけは、さっとサポートし、そして本来やるべき指揮官としての業務に集中する。

ここを理解しているのは、店長のすぐ下の部下の社員です。アルバイト・パートさんには見えずらい店長の現実逃避の姿勢を敏感に感じ取れます。

なので、本部の上司に指摘が出来たのです。アルバイトさん。パートさんの仕事をサポートする。それで「がんばっている店長」と思われるでしょうが、すぐ下の部下は気づいています。

簡単な仕事ばかりで、指揮官としての仕事を何もしてくれない人だとね。

ごめんな。俺、あの時なにも言えなかった。

f:id:robakuma:20170818225630p:plain

一生の宝物にしたい友人との思い出話

高校時代からの友達である鹿田君(仮名)は、「類は友を呼ぶ」と言う言葉通り、私と同じモテない君でした。

「どうすれば彼女が出来るんだろう?」

「俺達このままいったら一生結婚出来ないんじゃないか?」

二人で飲みに行くと終始女性の話ばかりしていました。 しかし、そんな鹿田君に彼女が出来ました。残念なことに私よりも先にです。

しかし、昔からの友人なので自分のことのように喜びはしました。 実は鹿田君は、私と同じ彼女いない歴が年の数だけあった男ですが、私と違う点がありました。

鹿田君は男である私の目から見ても、「なんでこんな男に彼女がいないんだろう?」と思うほど、良い男でした。

なぜ、こんなにいい男なのに?

ルックスも悪くないし、服のセンスも良いし、話し方もしっかりしていました。今まで、彼女が出来なかった理由は自分から動かなかったからでしょう。

つまり、鹿田君は、本気を出したら彼女を作るのが簡単な男です。鹿田君はそれを知らずに私とつるんで、「あああ・・・・何で女が出来ないんだろう」と嘆いていたのでした。面白い男です(笑)。

行動を起こさずに彼女が出来る男なんて私の知る限りほとんどいません。 黙っているだけで女性から、「付き合って下さい」と言われる男はよほどの男です。

それを鹿田君は気づいてなかったのでしょう。 そんなこんなで、鹿田君は、私と飲みに行く回数が減りました。彼女との時間を大切にしたのでしょう。

私は温かく見守りました。学生時代からの大切な友だからです。 そんな鹿田君は彼女と結婚を前提に付き合い、お互いの両親にも顔を合わせに行きました。

そして、結婚が秒読みという段階に来た時、ある悩みを私にしてきました。実は彼女には以前付き合っていた彼氏がいてて、しかもちゃんと別れた状態でなく・・・

別れてからも、友達として付き合っている男性がいたのです。

彼女は、結婚する前にそのことを鹿田君に話したそうです。彼女と別れた元彼氏は、今になって未練がましく言いよってくるようになりました。

彼女自身も気持ちを整理したいけれど、人生で最初にお付き合いをした男性に対する複雑な心情があり、モヤモヤした気持ちになっていたそうです。

そこで、最後に、この関係を終わりにして気持ちを整理したいと言ってきました。それは、「最後に元彼氏と二人きりで話をさせてくれ」ということでした。

しかも、元彼氏の部屋でです。 なんで、元彼氏の部屋なんだろう?喫茶店じゃだめなのかな?と疑問に思いましたが、色々と事情があるそうです。

そこで、鹿田君は、私に付いてきてほしいと言ったのでした。 彼女が元彼氏と会っている間、気が狂いそうだからそばいてほしいと言う願いでした。

元彼氏にきちんと別れを告げる彼女

友人のお願いに二つ返事でOKを出し、彼女が元彼氏の部屋に行っている間、私たちは車で待機をすることになりました。

鹿田君は、彼女に、「これが本当に最後だから、本当に思い残すことのないように話をしたらいいよ」と言っていました。

同じ男として、この言葉を言うのはとても辛かっただろうと想像出来ます。 そして待つこと、30分・・・・彼女はまだ出てこないのです。

さらに1時間が経過しました・・・・彼女はまだ出て来ないのです。 鹿田君が横で大きなため息をつくのです。 私は友達として何が出来る? 友人として、今俺に出来ることは何だろう?

必死で考えました。どんな言葉をかけたらいいのだろう?しかし気の利いた言葉は出てきませんでした。

待っている時間、一言二言は声をかけましたが、その内容は、はっきりと覚えていません。

ほとんど無言で緊張した空気が二人のいる車内に流れました。

どんな言葉をかけたらいいのか?考えて頭に浮かんでくる言葉はどれも、いまいちな言葉なのです。

それに私は当時、女性とまともに付き合ったことのない男です。 女性の心理とはこういうものだと言うこともアドバイスできませんでした。

そんな重たい空気が流れる時間が1時間以上すぎたころ、彼女が車に戻ってきました。

「大丈夫だった?」

「うん」

「もう思い残すことはない?」

「うん」

鹿田君の精いっぱいの問いかけに小さくうなずく彼女。その間、私は無言でした。心の中では、「何か言わなきゃ」と思いつつ、もう一つの心が、「何かを言うことを拒絶していたのでした。

その後、めでたくゴールインした鹿田君は、後日、私にその後の彼女との会話を教えてくれました。

彼女はきっぱりと友達としても付き合えないことを元彼に言うと、最後に・・・ 「抱かせてくれ」と言われたそうです。

断ると、「服を着たままで、何もしないから、本当にこれが最後だから、これできっぱりと気持ちを整理するから」と言われ・・・服をきたまま、軽く抱かれたそうです。

 

そして、最後にキスだけしたそうです。それ以上の男女の関係はなかったそうです。正直に答えてくれた彼女を鹿田君は許しました。

過去のことは問わない。過去を捨ててくれたのだから、それでいいという気持ちだそうです。ここで私はある疑問を彼に聞きました。

「ごめんな。俺、あの時に何か言ってあげたかったけど、何も言えなかった」

「俺、女と付き合ったことないから、何のアドバイスも出来なかった」

すると彼は、 「いや、熊に付いてきてもらってあの時は良かったと思ってる。何と言っても、高校時代からの友達だから、大人になってから出来た友達と違って無責任なアドバイスは絶対しないと思っていた」と言ってくれました。

「何も言わなくてもいてるだけで価値があったと思ってるねん」

「横にいてるだけで安心やねん」 自分のことを「いてるだけで価値がある」と認めてくれた友人。学生時代から付き合いのある男は本当に少ない私ですが、少ないからこそ、その存在は、一生大事にしたいと思うのでした。