ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

そのうち休みの日の従業員に電話することすら法律違反になるのではないか?

最近の若い奴は甘い。

昔からよく言われてきてますね。

いつの時代も若い世代の考えというものは甘く見えるようです。

 

私が食品スーパーに入社したてのころはミスしたら休みだろうがなんだろうが、自分のミスは自分でなんとかしたものです。

 いや。私だけでない。他の社員もみんなそうでした。

誰でも休みは休みのままにしてほしいと思っているでしょう。

しかし、自分のミスを無視してゆっくり休めない。

なので、次はミスしないでおこうと考えたものです。

 ですが、今は違うようです。

会社は労働時間を守れと口うるさく言うようになりました。

もちろんいいことだと思います。

 実際にどんどん会社はホワイトに染まっていってます。

 

ホワイト企業万歳です。

しかし、いまだに過去に染みついた考えが、今の現状に違和感を感じることがあります。

 それは、誰かがミスしたとしても、そのミスした社員が休みだったら、休ませておこうとする考えです。

 その尻拭いは、出勤している他の社員でやれという考えです。

先日、うちの店に他店の社員が、休みの日の社員の発注ミスによる商品を取りに来た時の話です。

 

4コマ漫画(なんてことだ)

 

f:id:robakuma:20170730212648p:plain

 

f:id:robakuma:20170730212656p:plain

 

f:id:robakuma:20170730212707p:plain

 

f:id:robakuma:20170730212721p:plain

 

「なんてことだ」と嘆いた他店の社員も古くからうちの会社にいます。

 
なので、昔はミスをしたら、休みだろうが何だろうが、電話がかかってきて、何とかした経験が山ほどあります。

 だから今の「休みの日はよほどのことがない限り休ませておこう」という考えに違和感を持っているのです。

 違和感を感じるのは、以前の感覚を引きづっているからです。

 

しかし、時代は変わってきているのです。

私たちが今の時代に文句を言っても仕方がない。

 

時代は私たちに合わせてはくれないのです。

私たち合わせた方がいいでしょう。

 

今の若い奴は甘い。

 

きっと今の若いものが40代50代になったら私たちと同じことを思うでしょう。

 

今は、休みの日の社員に分からないことがあると電話で「休みの日に申し訳ないのですが教えてください」と聞くことがあります。

 

しかし、外国では、休みの日の従業員に連絡をすることすら法律違反になるらしいです。

 

マジか?と思うことですが、日本の未来がそうなる可能性も考えられます。

 
そうなると、それが当たり前で育てられた人は戸惑うでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

もう一つの趣味ブログも読んでみてくださいね。

↓  ↓  ↓

 

ameblo.jp

遊んで暮らせるお金があるけれど、もっと成功したいようだ。

 うちの取締役の山田さんが辞任しました。

以前から黒い噂があった山田さん。

 「会社の金を横領しているらしいぞ」と辞任の理由を後で知りました。

取締役は、株主総会で、多数決で自由に解任することが出来ます。

しかし、解任された方は、正当な理由がない場合、解任に対して損害賠償請求をすることもできるようです。

会社の金の横領は、正当な理由になるだろうと思うのですが、理由としては微妙なラインらしい。

 解任の正当な理由と言うのは、明らかに働けないほどの病に侵されているとかのレベルで認められるのです。

なので、会社は後でトラブルになりにくい辞任をすすめました。

そして、山田さんが持っている会社の株は全て、他の役員が買い取ると言う話になりました。

かなりの大金を山田さんは手に入れたという噂です。

そして、山田さんの取締役辞任の辞令が全店にメールで配信されました。

 

f:id:robakuma:20170708090035p:plain

 

f:id:robakuma:20170708090044p:plain

 

f:id:robakuma:20170708090053p:plain

 

f:id:robakuma:20170708090101p:plain

 山田さんは、会社を去った後、リサイクルショップの会社を興すという噂です。

それを聞いて驚きました。

山田さんは、60を超えています。

しかも、遊んで暮らせるだけの大金を手に入れたという話。

それなのになぜ?

私の疑問に店長がすかさず突っ込みました。

 「いやいや、金があるからするんだろ」って。

 確かにそうだと思いました。

「金があるのにどうして?」の質問に

「それはね、金があるからするんだよ」の答え

まっとくもって、その通りだと思い、私はもう、うなずくしかありませんでした。

山田さんは、今の会社をここまで大きくした功労者の一人です。

小売業の仕入れ、銀行からの融資の引っ張り方などにめっぽう強い人。

自信があるのでしょう。

しかし、私も店長も冷ややかな目で見ています。

 失敗は目に見えているよなという気持ちです。

我ながらひどいことを書いていると思います。

会社の役員だった人の門出なのに。

私たちは、その成功を祈りもしない。

かといって、「失敗すればいいのに」とまではいわない。

冷たい言い方ですが、成功しようと、失敗しようとどっちでもいいと思っているのです。

そして、どうせ失敗するだろうと思っています。

もちろん、私の予想が絶対とは言いません。

もしかしたら、業界の常識を打ち破るリサイクルショップを山田さんは作って、大成功するかもしれません。

 それはそれで、話のネタになるのですが。

 何年先になるのでしょうか?

山田さんが新しく興した会社が生き残るか?

私のブログも生き残っているか?

男のプライドをかけた勝負が今始まったようです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

もう一つの趣味ブログもよろしくです。

↓ ↓ ↓

ameblo.jp

 

 

「男子3日会わざれば刮目して見よ」新人アルバイトの成長を認める

驚くほどの成長を遂げる

食品スーパーのおやじです。学生時代のアルバイトとして期間限定で勤めてくれる学生さんが多く、数多くの学生アルバイトの成長をこの目で見てきました。

多くの子は、学生時代の初めてのアルバイトで、入ってきたばかりのころはは頼りない感じがあり、「大丈夫かな」とこちらが心配することが多いです。

しかし、卒業するころには、みんな驚くほどの成長を遂げ、「あの子がここまでしっかりと成長してくれたんだ」と感慨深いものがあります。

上司が気付かぬうちに部下は、たくましくなっているものです。それは、はるか昔の時代から、そうだったようだ。

男子3日会わざれば刮目して見よ

中国の3国時代(3つの国に分裂して争っていた時代)の話。呂蒙という強い武将がいました。しかし、無学でした。

その呂蒙に「学問を学んだほうがいい」と国王である孫権は諭しました。しばらくして、魯粛という武将が呂蒙の陣営を通りがかりました。

魯粛呂蒙の勇敢さを認めていたが、無学である彼を軽んじて挨拶にいきませんでした。しかし、ある人から、「呂蒙を以前と同じように思って接してはいけません」と諭されたんです。魯粛は「そういうことなら」と挨拶にいきました。

すると呂蒙魯粛が想像していた以上の学問を身に付けていたのです。驚く魯粛呂蒙はこう言った。

「男子3日合わざれば刮目して見よ」と。

お互いの成長を認め合う風土があった呉の国

男というものは3日もあれば大きく成長をすることがあり、目をこすってしっかり見なければいけないという意味です。

これは3国時代の中でも、人の団結力に恵まれた呉の国のエピソードです。その背景には、お互いの成長を認め合う風土があったのでしょう。私たちもそうあるべきだと思うような出来事がありました。

4コマ漫画(新人だと思っていた男が教育係になっていた)

f:id:robakuma:20170704211657p:plain

 

f:id:robakuma:20170704211708p:plain

 

f:id:robakuma:20170704211719p:plain

 

f:id:robakuma:20170704211733p:plain

新人が新人を教えているという違和感

入ってまだ1年ほどだろうか、まだまだ新人のイメージが抜け切れていないアルバイトの山本君。その彼が最近入ったばかりの新人アルバイトの岡本君に率先して指導をしていたそうです。

「もうちょっと急いだほうがいいよ」というような声がパートさんの耳に入ってきたのです。違和感抜群だったのでしょう。それをパートさんは私に「ちょっと聞いてくださいよ」と話しかけてきたんです。

私たちのイメージでは、山本君は、非常にゆっくりと仕事をするタイプに見えるんです。マイペースです。アルバイトの中でも品出しはとても遅い方でしょう。

そんな彼が最近入ってきたアルバイトに気合を入れていたのです。私は心の中で思いました。「急げと言うがあんたも人のことを言えないほどゆっくり動いているだろ?」と言うことです。

しかし、余計なことは言わない方がいいでしょう。

人に指導をするということは、それだけ新人意識が消えてきたということです。自分が新しく入ってきた人のお手本にならなくちゃと言う意識改革です。

我々の頭の中では、まだまだ新人扱いの山本君です。しかし、確実に成長をしているという証拠をみました。

ここは「男子3日合わざれば刮目して見よ」です。かつて、三国時代に、鉄の団結力を誇っていた呉の国のように、お互いの成長を認め合い。喜び合う。それが成長を見守るということでしょう。