ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

なぁ、自分って何年やってるの?

f:id:robakuma:20170813201405p:plain

 

あの頃は、楽しかったけれど、競争、競争でしんどかったな。

 

「なぁ、自分ってこの仕事何年やってるの?」

って聞いたり、聞かれたり 

みんな、目の前の奴がどれだけ経験年数あるのか?気にしていた職人の仕事。

 

相手の経験年数を聞き、そこで相手が5年やっていたとしよう。

 

そこで、相手の仕事ぶりを見て・・・

「へぇ~~5年でこの程度なのか~」と妙に安心したり、

「えっ、5年でここまで上手いのか?」と驚いたり、嫉妬したり、

 

自分の経験年数と照らし合わせて、はたして、自分はこの位置でいいのか?と確認するのだ。

 

そこで
嫉妬したり、

同類だと思ったり

優越感に浸ったり


と忙しいかったな。

 

で、僕はどうかっていうと要領悪くって、ある一定のレベルまでは行けたんだけど、そこから先のレベルに全然いけなくてね

 

そうなるとモチベーションも下がりまくり、なんだか置いてけぼりにされた気持ちになった。

 

あ~~、こんなんじゃもうここにいてても仕方がないよなって思って

 

辞めちゃった。

 

どうせ出来ない奴はいつまでたっても出来ないままだ。

 

そんな奴に気の毒だからと言って、手を差し伸べる奴は、ほとんどいなかった。

 

あれから、20年以上たつが今でもそう思う。

 

職人のなり手不足、後継者不足

 

人を真面目に育ててこなかったからとか、少子高齢化とか

いろいろ言われているけれど、今なら僕の時のように

 

仕事の奪い合いのような競争は少なく成っているかもしれないな。

 

だからと言って時代が変わるまで、僕はあそこにい続けられるほど

 

タフでなかった。

なので、もう、あそこに居てても仕方がなかったんだな(*^▽^*)

こんな時は職場に近づくと危険である。

f:id:robakuma:20170807224809p:plain

 

「あいつ、入れるくせに入っていませんよ」とベテランのアルバイトのこだわり君が不満をぶつけてきた。
 
その日は、店のイベント日。
 
人手が多く必要なのは、みんな知っていること。
 
しかし、A君は、希望シフ表に×をつけていた。
 
〇は入れますと言う意味で×は入れませんと言う意味である。
 
ここまでは仕方がない。何かしらの用事があるのだろう。
 
しかし、こだわり君が怒っているのは、A君は、一番忙しい夕方のピーク時に彼女と楽しそうに買い物に来ていたからだ。
 
A君が彼女と店に来たのは、店の従業員なので、その日のイベントは何がお得なのかを熟知している。だから買い物に来ると楽しいのだろう。
 
それを見て、「オイ、入れるのに、×しやがったな」と思ったのだ。
 
こだわり君は私にそれを言うまでに何人かのパートさんにも、話をしたそうだ。
 
なので、「パートさんも怒ってましたよ」と自分だけの考えでないことを言ってきた。
 
しかし、これに注意をするわけにはいかない。
気持ちは分かる。
 
こだわり君は責任感が強く、店が忙しいであろう日は、よほどのことがない限りシフトに入ってくれる。
 
だからそうでない人を見るとやるせない気持ちになるのだろう。
 
私は、こだわり君の気持ちに理解を示しつつも、注意はしにくいことを話した。
こだわり君は、「そうですね」と答えてくれた。
 
私がもし、A君の立場ならどうしただろう?
 
彼女とのデートを楽しむが、うちの店には近寄らないだろう。
 
忙しさで、皆が殺気立っていることは想像できるからだ。
 
もちろんみんな表面上は、彼女とのデートを、ほほえましい目で見てくれるだろう。
 
しかし、心の中では何を考えているかは分からない。
 
ちなみに私がこだわり君の立場だったとしたどうしただろう?
 
いちいち誰が希望シフトに〇をつけて、誰が×をつけてなんてことは気にしないと思う。
 
つまりA君がした行動は、私のように気にされない時もあれば、こだわり君のように「許せん」と思われることもある。
 
君子危うきに近寄らずだ。

独立を夢見る人は教わる時にギラギラした目になる。

f:id:robakuma:20170807224240p:plain

 

 

なかなか仕事を教えてもらえない業種ってありますよね。

  

  • その仕事を覚えると独立が出来る。
  • その技術で飯が食える。

 

そんな技術を雇われながら本気で教えてくれる人はいないという現実


ならば、給料を貰う立場ではなく学校に通うのも一つの案だ。

 

しかし、給料を貰いながらも、いくらでも仕事を教えてくれるところもある。

 

逆にうんざりするほど、あれもこれもと仕事が任される職場だ。

 

それには3つの条件が重なった職場だ。

 

  1. その仕事を新人に教えても独立が容易ではない仕事
  2. 慢性的な人手不足の業界
  3. とにかく早く成長をしてもらいたいと上司が本気で考えている。

今の私の職場である食品スーパーがそれだ。

 

食品スーパーの仕事の流れを全て教えても、そのノウハウをもとに自分で商売をするには多額のお金がいる。

 

  • ウン千万円をもっている。
  • もしくは銀行から引っ張ってこれる。
  • さらに、大手の担当者でも難しい出店場所を決める力がある。

 

そんなことが出来るならどうぞと言う話だ。

 

というよりも、そんな大金が用意できる力があるのなら、わざわざ町のスーパーに入社しないだろう。

 

だから、いくらでも教えてやるという気持ちが先輩にある。

 

しかし、そういう職場では、ギラギラした目で仕事を吸収している人は少ない。

 

簡単に仕事を教えてもらえない世界では、教えてもらうことに後輩は飢えている。

 

なので、教わる時はギラギラした目になる。

 

どんどん仕事が任される世界では、逆に教えてもらうことにうんざりしてしまう。

 

人間は現金なものだから仕方がないと思う。