ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

夢見がちな人は人参詐欺にご注意くださいませ

人参詐欺というものがある。

大きな人参をぶら下げ「これが欲しければ私の言うことを聞きなさい」とその気にさせる。

 

f:id:robakuma:20180420235335p:plain

 

「よし、そういうことなら、この人を信じてついていこう」と思うターゲット。

しかし、しばらくしてから人参詐欺師は、手のひらを返したように「このままでは大きな人参は手に入らない。でも小さな人参なら私の言うことを聞けば手に入る」と言うのだ。

f:id:robakuma:20180420235848p:plain

すると、人参に心を奪われた人は小さな人参でも言うことを聞いてしまうのだ。

分かりやすい例を出すと、テレビに出る有名人を夢見て上京し、タレント事務所に所属したが現実の壁の高さに絶望させられ、低い壁のAV方面からチャンスをつかんだらどうだろうという口車にのせられる女性がいる。

いつまでたってもチャンスが来ない人の弱味につけこむ卑劣な手口だ。

夢を中途半端に叶えられない人の特長の一つに、夢を叶える壁の高さに絶望して、詐欺師から目の前に差し出された低い壁を越えれば高い壁も越えられると勘違いさせられることだ。

外側から見れば、そんなことはあり得ないという話でも、その世界で真剣に生きている人にとって、可能性が低くてもそこに賭けてみたいという気持ちが生まれる。

僕たちには子供のころから、ホップステップジャンプと段階を踏んで成長できた記憶があり、簡単な問題をこなすことで難しい問題を解ける学力がつくなどの経験があるため、社会でもハードルの低い世界を踏み台に目的とするハードルの高い世界に行けると勘違いしてしまう。

現実もゲームの世界のように簡単なステージで経験値を上げて次のステージに行けることがあるが、実際はどんなにそこで経験値を上げても次のステージの扉の鍵は渡されないことが多い。

一応、人参詐欺で騙されやすい人の特徴も書いておこう。タレント、作家、セミナー講師、何かで独立をしたいと夢見る人たちだ。

さらに現実に不満足であればあるほど心を奪われやすい。

人参詐欺師は、大きい仕事と言う名の人参をぶら下げターゲットに近づいてくる。

例えば、ターゲットを独立を夢見る若者だったとしよう。

すごく儲かるようなビジネスという人参をぶら下げられ、ターゲットがその気になったところで、人参は小さくさせられる。

「すごく儲かるビジネスはをするには実績が無ければいけません。なのでまずは、このビジネスで実績をあげてください。そこで実績が認められれば、大きなビジネスに移行出来ますよ」と。

もし、最初からこの手口を知っていると、みんな断るだろう。

「話が違うだろ?」と。

しかし、不思議なもので人間はなかなか断らないものだ。

一旦、人参に心を奪われると、人参が小さくなっても、「話が違う、そんな小さな人参はいらない」と言えないものだ。

小さくても人参。これを受け取れば次は大きな人参がもらえると勘違いする。

しかし、大きな人参はよほど頑張らねば与えられない。

人参詐欺師は、はなから大きな人参をあげる気はなく、小さな人参を与えて、カモを働かせるか、金を持ってこさせるかをするのが目的だ。

心当たりのある方はご注意くださいませ。

 

ameblo.jp

お金を預ける時はきちんと数えてからにしましょう

f:id:robakuma:20170802091754j:plain

 

 

今年に入ってうちの店で朝市をしている。

 

今朝水揚げされたお魚を大特価

 

店頭にテントを設置して、その場でお支払いいただく。

 

朝市の時間が終わると、鮮魚担当者と一緒に金額を確認してからレジで売り上げを立てる。

 

しかし、ある日やってきた鮮魚担当者は、お金がいっぱい入っている袋を渡してきた。

 

一緒に確認をしてもらおうとすると「大丈夫ですよ。信用してますから」と言ってきた。

 

「いや、それは違うでしょ」と言うことで一緒に確認してもらった。

 

信用をしているのではなく、面倒なのだろう。

 

そして、他店で問題がおきたようだ。

 

その店は鮮魚担当者が、社員にその日の朝市の売り上げを丸ごとポンと手渡しして、計算は社員に任せっきりで、レシートを後でもらっていたそうだ。

 

ところが、「なんだか売り上げが少ないかも?」と鮮魚担当者は疑うようになり、ある日手渡しする前に金額を数えて、それからいつものようにポンと手渡ししたそうだ。

 

すると、1万円近く少ない金額でレシートが打たれたそうだ。

 

お金を預ける時はきちんと数えてからにしましょう。

今の会社に定年まで居座ろうかな

f:id:robakuma:20170802091544p:plain

 

 

 

「私よりも早く辞めないでね」

 

と同僚のアラフォーさんに言われたことがある。

 

 

慢性的な人手不足で完全に手が回らない。

 

「こんな会社辞めてやる」と思いつつも、

 

辞めたらどうする?で結局辞めない私たち。

 

そんな状況で、自分よりも先に辞められたら困るのだ。

 

しかし、ここ最近は労働環境改善が叫ばれるようになり、ここ数年で、ずいぶん会社は変わってきた。

 

「そんなに早く帰りたいのか?」と怒っていた店長が、「早く帰れ」と指示するようになった。

 

「労働時間をきちんと守れ」という嬉しい変化。

 

そんな嬉しい変化にアラフォーさんは言った。

 

f:id:robakuma:20170802091525p:plain

 

 

「頑張って、一緒に定年まで居座ろうな」と。

 

「居座る」というのは、まるで「出ていかない厄介者」のような表現だが

それはそれで、良しとしよう。

 

この言葉が出てきたときは会社がホワイトな道を進みだした証拠だと思うからだ。