ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

宇宙が指し示す新しい扉の向こう側は先生への盲信です。

宇宙セミナーの先生によると、8月は強い個性を放つ天王星のエネルギーが最も強まるライオンゲートの開く月だそうだ。

先生は、「宇宙はあなたの勇気と覚悟を試しています。新しい扉は目の前です。私たちの魂のグループとともに新しい扉を開きに行きましょう」と奇麗で前向きな発信をしている。

ちなみにこれは、「ライオンゲートを開く会は残席1名です」と言って宇宙セミナーに誘導する手口にすぎない。

また、先生の主なターゲットは主婦だ。

子育てに悩む主婦に「すべてを許す子育て」を提唱している。

許すということはその子の将来のことを邪魔しないということらしい。

いつもお菓子ばかり食べている。

いつもゲームばかりしている。

いつもテレビばかり見ている。

「いい加減にしなさい」と注意したくなるところだが、先生に言わせるとそれは子供の未来の邪魔をしていることにつながるようだ。

そこで、「ギターばかりやっている子が世界的なギターリストになった例」を引き合いにだす先生。

 

「子供のころからギターばかりしていてギターリストで成功したように、そればかりやっている子はそれをするために生まれてきた子だ」

「普通のことをするために生まれてきたわけではないから邪魔しないでね」と言う先生。

しかし、将来の成功につながることと、まったくつながらないことがあることを先生は無視している。

 

先生が発信しているのは幸せになれるための方法論であるが、そういったものは供給過剰だ。

 

普通に発信していると、「また似たようなものが出てきた」と思われる。そこで奇をてらった発信をする先生。

人の気持ちを考えないほうがうまくいくと言う先生。

 

そこで、批判してくる心ある人に「自分が他人の気持ちを考えているからと言って他人にもそれを求めている時点で批判してくる人も自分のことばかり考えています」と反論する。

しかし、言葉巧みに無理やりあなたも同じだと決めつけれいる固定観念にとらわれた反論だ。

悪魔「あんなことやこんなことしたいな」

天使「ダメだよ。誰かが嫌な思いをするよ」

 

の会話は天使と悪魔が逆になっています。あなたの好奇心にブレーキをかけて自分らしさをなくそうとするほうが悪魔ですと言う先生。

問題は天使が何に反対していたのかにもよるのに具体例をあげないズルさがある。

人に迷惑をかけた方がうまくいくなど読み手に不快感を与えがちな先生が最も喜んで紹介する読者からのコメントがある、

 

それは「あたしも最初は先生の言うことが半分も理解出来なかった。でも理解出来るようになったとき、バッカーンと運が開けました」だ。

まともな人には理解されにくいから、理解したら救われると言いたいのだろう。

しかし、先生の奇をてらった発信も陳腐化していっている。

他力本願、自分を大切にする。昨今流行りの教えは似たり寄ったりで供給過剰になり売れなくなっている。

なので簡単な教えを複雑な表現に変えて混乱させて、あたかも新鮮な教えに思わせる痛々しい発信が増えてきている。

なんでもなんでも宇宙からのメッセージだと言えば許されるとでも思っているのだろうか?

 

「今、宇宙はめまぐるしく動いています。もの凄いスピードでね。そこであなたに思わぬトラブルが起きるかもしれませんが、それは新しいステージにいくための宇宙の荒療治です」と言っている先生が指し示す新しいステージは宇宙セミナーに参加することだ。

「宇宙はカリスマ脚本家なので最高級のドラマをあなたに下ろしてきます。私には八月下旬からあなたに素敵なドラマが始まるように感じています」と言う先生。

こういった素敵なドラマが見たいとカモに思わせ、集客する手口にご注意下さい。

「我慢は人生を狂わせます」の発信についての疑問

「あなたの悩みを解決します」的な先生は、集客の主なターゲットを主婦にしている。

なので、子育ての悩みを解決すべき発信をせっせとしているのだが、子育ての方法論というのは世の中にあふれている。

そこで、自分の方法論を目立たせるため、先生は奇をてらった発信をしているのだ。

例えばこのようなものだ。

「好き勝手ばかりしていたら社会にでてから苦労するよ」と言って育てられた子供は現実の厳しさを刷り込まれているので、それを証明するように世の中の苦労と大変さと厳しさに向き合う人生を送ります。

と言ったものだ。

このように先生は言っているが社会にでたら誰でも現実に向き合うことも考えたほうがいいだろう。

さらに先生は・・・

「自分勝手にしていたら痛い目にあうよ」と育てられるより「好きにしていいんだよ。そのままでいいんだよ」と育てられたほうが楽しい人生を送れる」

と言っている。しかし、子供時代に好き勝手してそれが通用しなくなった時にドン底の苦しい人生を感じるケースがあることを知らねばいけないだろう。

奇をてらった発信で注目を集め、お金儲けをもくろむ先生は、お金に対する発信も好んでやっている。

「お金があると幸せと思っている人はお金がなくなると不幸になる。つまり、お金があるからという条件付きの幸せはもろいのだ」と言う先生は精力的にお金もうけをしているので、言っていることとやっていることは違うことを見逃してはいけない。

「『人に迷惑をかけてはいけない』や『快楽に溺れてはいけない』は固定観念です」と固定観念を悪者にして自分の教えを植え付けようとする先生がいるが、よく考えると、先生の教えも固定観念であり、言葉巧みに別の固定観念を植え付けようとしているのだ。

社会の一員として自然に身に付いた「〇〇してはいけない」というモラルは固定観念であり、あなたの自由を奪っていると言ってモラルを手放すように勧める先生。

その教えを信じてモラルを手放しても、あなたがいる社会ではあなた意外の他人はモラルを手放さないのであなた一人が浮いてしまうだろう。

一人の社会人として自然に身に付いた「〇〇しないほうがいい」を悪い固定観念だと決めつける先生も、結局は社会の中で生きているので他人の固定観念を避けて生きていくことはできない。

本当に固定観念を捨てて幸せになりたいならその社会から離れなければ難しいだろう。

先生は、「〇〇したほうがいい」のは分かっているけれど、面倒でしたくないという誰もが持っている心理をうまく利用して甘い言葉をかけてくる。

そのうちの一つが「宿題はやらなくていい」と言う考えだ。

「宿題はやらなくていい」がネット上で流行っている。

僕も宿題は答えを丸写しだったし、半分も出来なかったので勉強にはなっていない。

しかし最初から「やらなくていい」と言われるのではなく、義務化されることで、社会には期限内に終わらせる決まり事があるという概念を身をもって知ることは出来た。

なので、最初から「やらなくていい」と言ってしまうのはどうかと思う。

先生はみんなの常識を覆すというフレーズが大好きだ。

「私の教えは、いままであなたが信じていた常識や子供のころから刷り込まれてきたものを壊すものなので、恐怖や痛みを感じるだろうが、それでもやり続けた先にバッカーンと運が開けるのです」と言う先生の教え。

それを実行してバッカーンと運が開けない時、先生に文句を言っても信心が足りないと逃げられるだろう。

子育ては悩みの連続で思うように行かない。そんな母親を狙って甘い言葉で集客する先生は「お菓子を我慢させる必要もなく、子供の好きだということを優先させよう」と言うが、ハムスターでも好きなものばかり食べさせたら肥満になるように、ある程度の栄養管理や食育をした方が体の強い子に育つのにね。

先生の教えには「信じれば救われる」という考えが根底にある。

「頑張っても報われない。働いても働いてもお金がたまらない。それは、あなたの周波数が宇宙の豊かさの波と波長があってないのですよ🎵」と言う先生。

その言葉を信じるよりは仕事のスキルをあげて家計を見直した方が現実的なご利益があるだろう。

「新しい宇宙の流れが始まっています。そこで漠然とした不安や『このままで私はいいのかな?』と言う気持ちが生まれるかもしれません。それは、あなたの魂が新しいステージにいきたがっているのですと言ってキラキラした前向きな道を指し示す感じでカモを高揚させる手口にご注意ねがいたい。

先生は、みんながやりたいと思っていても、なかなかそれは出来ないと思っていることをやったほうがいいとけしかけてくる。

そのほうが、より多くの人を惹きつけられるからだ。

「飛行機のファーストクラスに乗ると世界観が変わり、成功者のマインドが身に付く」と先生はどや顔で言うが、実に薄っぺらい教えだ。

お金持ちが味わえることを味わっても、世界観が変わっても、目の覚めるような実用的な発見がなければ、ただの優雅な旅の思い出にすぎず、成功に役立てることは出来ない。

このように、奇をてらった成功論の発信で注目をあつめようとする先生は「それが出来れば苦労はしない」と批判されることがある。

しかし、「せっかく答えを与えているのに固定観念で受け取らない人は常識から抜け出せないからいつまでも変わらない」と反論している。

しかし、その批判は多くの人が感じるもので、先生の話には、常識的に納得のいく説明や根拠やデータがないから批判されているのだ。

すると、今度は悪人正機説のようなもので反論してくる先生。

スティーブ・ジョブズは人を道具のようにこきつかった。つまり功績と人間性は関係ない。いい人のままで人に遠慮をしていると自分のやりたいことを極められないし、自分の人生を生きられない」と先生はどや顔している。

しかし、先生はジョブズ人間性の低さよりも能力の高さを知るべきだろう。

さらに、ボクシング連盟山根会長のことも引き合いにだしていた。

この人に関しては多くの人が嫌悪感を感じたのではないだろうか?

勝てている試合を大人の勝手な都合で負けにされた選手が可哀そうと。

会長は、テレビの取材でダウンを2回奪われても勝てる奈良判定について、「ボクシングのボの字も知らない」人の意見だと批判したが、告発しているのはボクシングのボの字も知らない素人ではなくボクシングに真剣に取り組んでいる選手やコーチだ。

そんな山根会長を先生はあえて褒めたたえている。

それは、先生が発信している「人に遠慮をせずに自分の好きなことをすると幸せになれる」をまさに体現しているからだろう。

「罪悪感があると自分の人生を生きられない」と発信している先生。

先生は、ボクシング連盟の山根会長の報道に対して「罪悪感のある人が罪悪感なく自分の人生を生きている人を批判している。山根会長は権力を振り回して自分の好き勝手出来る凄い人だ」と発信しだした。

僕はそれを冷ややかな目で読んだ。これだけ報道されたら好き勝手出来なくなるのにね。

「我慢は人生を狂わせます。子供が勉強したくないなら、放っておきましょう。子供は自分が必要だと思ったときに勉強をします。温かく見守りましょう」と発信している先生がいる。

しかし、簡単な仕事を覚えられない人を何人も見てきた経験では必要なときがおとづれても勉強する習慣がなかった人は勉強出来ないものだ。

それに、知らないでは済まされない基礎的なものもあるだろうしね。

とにかく、いきすぎたすべてを許す子育てで、いざと言うとき踏ん張りがきかない。

ちょっとでも自分の思うようにいかないと、かっとなる。ひじょうに生きづらくなる子が増えていくだろう。

「そんなことしては危ないよ」は親の先入観の押し付けだと先生は言うが、先日の朝のニュースでオモチャの銃を持っていた子が本物の銃と勘違いした警官に射殺される事件から学んだ方がいいだろう。

「理屈で考えるのではなく魂で考えろ」という宇宙セミナーにご注意ください。

宇宙から幸せの流れに乗りましょうと発信する宇宙セミナーの先生がいる。

「世の中は、魂で考えるタイプと頭で考えるタイプの二種類に分けられます」と言う先生の意図は客のためではなく自分のためだ。

宇宙と繋がり幸せになるというメソッドを理屈で考えるのではなく、魂で考えて受け取ってもらいたいがためだ。

もちろん受けとるには先生の本を買うかセミナーに参加しなくてはいけない。

また、先生は魂の声に素直になり自由に行動をすることを提唱している。

そこで邪魔になるのが罪悪感だ。

「罪悪感を多く持っている人は罪悪感があるために自由に行動できずに我慢をしている。だから罪悪感がなく自由に生きている人に腹を立てて批判をする」と先生は言う。

しかし、周囲を犠牲にしても自分の快楽を追求する人間の成れの果ては人の心を持たない犯罪者であり、社会から抹殺される運命に陥るだろう。

宇宙セミナーの先生は金運の話が好きだ。

「なかなか金運が上がらない人からは焦りや不安の波動が出ていて、その波動が病気や不幸な出来事を引き寄せます」

「では、どうすればその波動を変えることが出来るのでしょうか?その第一歩が今回ご紹介するセミナーです」

と、不安のないところに不安を作り出し集客する手口にご注意してもらいたい。

宇宙セミナーの話に多くの女性が心を奪われるのは、おとぎ話に似ているからだ。

おとぎ話に説得力を感じるのは、理屈やデータによって答えを押し付けるものではなく、何かしらの人生に大切なことが書かれていると読み手に想像させられるからだ。

答えを押し付けるか想像させるかの違いである。

成功という人参をぶら下げて高額な商材を売りつけるのも宇宙セミナーの特徴だ。

しかし、批判も集まってくる。

「成功者になるためのDVDを20万円で売っているのはぼったくりだ」という声に先生は「10年かけて沢山の本を買い、セミナーに参加して集めたノウハウを制作費600万円かけて作ったDVDだ」と反論している。

しかし、本屋で千円程度で売られている本も著者が長年かけて集めてきたノウハウの集大成であるものだ。

宇宙に愛されれば、それで幸せになれるという先生。

「いいことはいつまでも続かないは間違いで、いいことはいつまでも続く」と先生はどや顔するが「いつまでも続かない」も「いつまでも続く」もどちらも固定観念だ。世の中は常ではなく無常である。

「宇宙はあなたの人生の流れを調整しています。あなたが人生に自信を持っていないと、宇宙が最高のタイミングであなたが一番望んでいるものを下ろそうとしているのに『この人には受けとれる自信がないんだな』と次の機会にされてしまいます」と言って自分の教えを受け取らせる宇宙詐欺師にご注意してもらいたい。

「最近、何となく疲れていませんか?原因が分からないモヤモヤとした疲れは、宇宙があなたの本当に求めているものを下ろそうとしているのに、今のそこそこを手放す覚悟が足りないため魂が反発しているからです」と、先生が言う覚悟は怪しい宇宙セミナーに参加してもらうための覚悟なのでご注意してもらいたい。

「牛乳」の前に「〇〇牧場の」がつけられて「〇〇牧場の牛乳」という商品名になり、なおかつ少しお高いものは、いかにも普通の牛乳よりもワンランク上に思って買ってしまうが、悲しいことに○○牧場が普通の牧場なのか、すごい牧場なのか分からないことだ。

宇宙セミナーもそれと同じで、いや、それ以上にやっかいなのは宇宙規模であることを謳っていることだ。〇〇牧場の比ではない。

宇宙はあたなに人生を楽しんでもらいたいと思っているのですとカモを高揚させるのが大好きな先生。

「不倫したら悲しい結果になる。欲望のままに食べたら病気になる。使いたいだけ金を使うと月末困ると言って我慢する人がいるが、今やらなくて、いつ楽しむの?いつ味わうの?いつ受けとるの?」と煽る先生がいるが、それはカモを高揚させて集客するためだ。

「頑張った先にご褒美があるというのは子供のころから刷り込まれた固定観念で餌付けされた動物と同じです。私たちは何の価値がなくても何の役にもたっていなくても生きているだけでご褒美がもらえるのです」という先生の教えは、生きているだけで怠惰に過ごしたいタイプの人を落ちぶれさせる危険性がある。

宇宙セミナーの先生は宇宙から宇宙規模のメッセージを受け取ってはいない。

これは断言できる。先生が魂で考えたのではなく、カモを高揚させて自分を教祖にしたてるために頭の中で必死に考えた教えなのだ。