ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

「タイムカードを押す時は空気を読め」と上司に言われたが空気は読みませんでした。

f:id:robakuma:20170924234754p:plain

「勤務時間を守っていたら店が回らないよな?」

食品スーパーの社員として薄利多売の世界で生きる私達は、「安さこそが絶対の正義」のような空気の中で出来る限りギリギリの人員で頑張っています。

薄利多売の世界で利益を確保するには多少の無理は覚悟をしているのですが、時代の流れというものでしょうか?ここ最近は、会社から、決められた勤務時間を大幅に超えないように強く言われるようになりました。

ブラック企業と言う言葉が世間に浸透し、過重労働を課す会社に大きな制裁を与えるように時代が変わり、会社の意識も変わってきたのでしょう。

働く人にとっては喜ばしいことだと思いますが、ここに現実的な問題が発生し、小売業・飲食業・サービス業などの薄利多売の世界では「そんなことを言っていたら店が回らない」と嘆く上司がまだいるようです。

以前のように部下に大幅な時間外労働を要求できなくなった社会の風潮の中、それでも会社から実績を求められる責任者はとても大変だと思います。

スタッフが足りない・細かい事務作業が多い・時間内に到底終わりそうにない仕事量なのに会社からは勤務時間を大幅に超えないように言われる。一体どうしたらいいんだろう?

そんな辛い上司の気持ちをぶつけられて考えさせられた出来事があります。

社員にタイムカードがなかった会社がいきなりタイムカードを押すよう義務付けた理由は?

信じられないことに、うちの会社では昔、社員のタイムカードがありませんでした。アルバイトには時給が発生するのであるのですが、社員にはなく、残業代込みの月給が支払われていました。

ところが、いきなり「社員もきちんとタイムカードを押してください」ということになりました。この辺の詳しい経緯は我々一般社員には分かりませんが・・・

誰かが労働基準監督署に密告したのではないか?

という噂はたっていました。社員にタイムカードを押すように義務付けられた当初は、ついつい押し忘れることがたびたびあり、本部からお叱りを受けたものです。さらにその当時の店長からこのように言われました。

「タイムカードを押す時は空気を読んでくれよ」

「タイムカードは本部に提出するもので、きちんと労働時間を守っているか見られるものだから、その辺の空気を読んでくれよ」

つまり、タイムカードがない時代のように大幅に勤務時間を超えて働いたからと言って、その事実がタイムカード上に残ると・・・

労働基準監督署に見られた時に言い訳が出来ないと言うことでしょう。

店長は具体的にそう説明はしませんでしたが、空気を読めという言葉のニュアンスで分かりました。

気持ちは分かります。労働時間をまともに守っていて与えられた仕事が終わるのか?という気持ちです。しかし、それならきちんと労働時間を守れるような仕事量に見直すべきだというのが正直な私の気持ちです。この事を同僚女性に相談すると・・・

「私には何も言ってこないよ」

「私には何も言ってこないよ」と言われました。

私 「え?何で僕だけに??」

同僚 「だって私にそんな事言ったらキレるから店長も言えないんでしょ?」

どうやら店長は言いやすい私にだけ言っているようでした。さらに店長は・・・

タイムカード上では空気を読んで長時間勤務で打刻するなと言っていたそばから・・・

「別に強制しているわけじゃないけど、もう1時間早く来る気はないのかな?」
「朝は忙しいんだよ」

と言ってきました。ちなみにうちは朝から出勤する早番と、昼前から出勤する遅番があるのですが、私は規定の時間よりも30分から1時間早く来ていました。

それは強制されてではないのですが、そうしないと与えられた仕事が終わらないからです。その私の遅番の時にもう1時間早く来る気はないのか?と聞いてきました。

つまり規定の時間よりも2時間早く来いということです。さらに店長の・・・

「別に強制しているわけじゃないけど」

の言葉は自らの意思でそれはすべきだという意味だと思いました。さらに・・・

「他の店の社員は早く来てるよ」と私の苦手な同調圧力をかけてきました。他店の社員もみんな2時間早く来ているというプレッシャーです。ちなみにそういう店もあるのですが、全店の社員が2時間早く来ている訳ではありません。

私はその当時、深夜遅くまで残って仕事をしていました。それは店長が仕事を丸投げするタイプだったからです。そんな私に2時間早く来いというのは単純に店長が楽をしたいからでした。

しかし店長の「強制ではないよ」と言う言葉が若干の救いになり、私は夜遅くまで残らざるおえない閉店後に回している仕事の件を引き合いに出し・・・

「2時間早く来ても良いのですが、その分早く帰れる訳ではないと思うのですが・・・」

と言いました。すると「俺もこのことは強制出来ないけれど、普通はそういう意識をもってするのが仕事だと思うけどな。少なくても俺は今までそうしてきたけど。時代が時代で勤務時間がどうのこうの言ってる奴がいるけど、俺からしてみたらそう言うやつは考えが甘いと思う」

と言われました。私はこのことに同意も反論もせずにやり過ごしました。その後、また同僚女性に話を聞いてもらいました。すると・・・

「私には何も言ってこないよ」

同僚女性は・・・

「それって完全に脅迫だな」
「店長の権限で出来ることと出来ないことがあるのを分からないんかな?」
「もし、熊さんがその気があるんだったら常務(話を聞いてくれる仲の良い上司)に一緒に相談するか?」と言ってきました。

私は戸惑いました。時代がブラックな働き方を否定するようになったからといって、なかなか「私は勤務時間内は一生懸命頑張っています。でも決められた時間を超えて働く気はありません」的な発言をすると・・・

「こいつ駄目だ」と思われるんじゃないか?変な目で見られるんじゃないか?」

という保身の気持ちの方が強くなり海の底の貝のように固く口を閉ざしてしまいます。

しかし、「この人と一緒に上司に相談するのもありかな?どう考えても店長は自分が楽したいがために私に長時間勤務を要求しているように見えるから」と相談すべきかしないべきかという心の葛藤の中、店長は他店に異動になり、そのことは実現しないまま終わりました。

ちなみに、店長の同調圧力は強かったものの「別に強制している訳じゃないよ」と言う言葉から上司の心の葛藤が見えた私は2時間早く来るということはしませんでした。

サボリーダー(サボるリーダー)に助けられてる

実は、同僚女性は仕事ではあまり動き回るタイプではないので、私の仕事の負担が大きくなっているのですが、私には真似出来ない強さを持っているようです。

だから「この人のせいで私の仕事が増えてる」と言う気持ちよりも・・・

「この人のおかげで上司の無茶な要求が通らなくて済んでいる」と感謝の気持ちが大きくあります。

上司のブラックな要求には一人では戦えない

私の場合、同僚女性という心強い味方がいたので、無茶な時間外労働に従わなくてすんだのですが、もしこの同僚女性が居なかったらと考えると・・・

ゾっとします。

少ない人件費でのオペレーションを求められる薄利多売の世界。従業員に多少の無理をさせなければ経営は難しい。他社との競争に勝ちにくくなる。

従業員もそれが分かっているので、過重労働も仕方なく受け入れることがあると思います。いくら社会がブラック企業に冷たくなったからと言っても・・・

上司は部下に「強制だ」と言わずに、自らの意思での行動を求めることがあります。

同調圧力をかけられると部下は大変苦しい選択をしなければいけないことがあります。なので常日頃から仲間を大切にし、一人で戦わないということが大事だと思いました。

与えられた勤務時間は一生懸命頑張っている。少しでも仕事の効率が上がるように工夫をしている。そんな会社のために頑張っている人達が力を合わせれば・・・

無茶なブラック労働をしなくてすむ。それがみんなが気持ち良く働ける環境作りになるということです。

そして最後に上司から「別に強制しているわけじゃないよ」と言う言葉に対して私が出した答えは、そうは言っても強制じゃないか?と思いがちですが言葉通り強制ではありません。正当な理由がない限り従う必要はないということです。

 

守られている・・・そうかもしれないですね。

どうして自分だけこんなに苦労をさせられるのだろう?

この苦労になんの意味があるのだろう?

答えを見つけようと、もがきながらも答えにたどり着けないもどかしさがあります。そんな日常の中、昔うちでパートをしていた方の家に遊びに行くことになりました。

すごいごちそうを用意してくれました。

f:id:robakuma:20170922224214p:plain

「残しても仕方がないから全部、食べてや」と言われました。

元パートさんは息子さんも娘さんも独立して今は一人暮らしです。老後は息子さん夫婦と一緒に暮らしたいと言うことで、数年前に買った家はとにかく立派です。

かつて母子家庭で息子さんと娘さんを、苦労しながら育てたということを聞いていた私は・・・

こんな立派な家を女性一人の力でなんで?と思いました。

家の内装や置いているものを見ると、「あれっ!この人なんでこんなにお金を持っているのだろう?」と思うほど立派なのです。

しかし、若い頃はずっとお金がないことで苦労をしたそうです。若いころ旦那さんと別れ、女手一つで息子さんと娘さんを育ててきました。そんな彼女にはたった一人の姉妹である姉がいました。

姉は生涯独身で、とにかくお金に執着心のある方だったそうです。そんな姉妹は母親を早くから亡くし、父親だけに育てられてきました。父親は働き者でたくさんの貯金をしてたそうです。

姉妹が40代後半の頃、父親が病に倒れ、あとわずかの命と宣告されたころ、姉は父親の家から全てのお金を妹に何も言わずに持って帰ったそうです。

残された家は売却して姉妹で分けることになりました。

妹は大変腹が立ったそうです。裁判して姉と戦うことも考えたのですがそうすることはしませんでした。理由はその年、結婚する予定の娘さんがいて、姉にも娘の結婚式に気持ち良く出席してもらいたかったからです。

血のつながった姉妹は姉しかいない。裁判をおこしたら、たった一人の姉との仲は一生決裂する。そう思い我慢したそうです。そして父親の残した財産は古い家一軒だけになりました。

父親の家だけはお金と違って、姉が独り占めできません。売却して姉と分けることになりました。その手続きの時、姉は妹にこう言ったそうです。

 

f:id:robakuma:20170922224241p:plain

「あんたさえいなければ」と。

この言葉を聞いて妹はとてもショックを感じたそうです。父親のお金を全てもって帰り、さらに家まで自分一人のものにしたい。その気持ちがとても悲しかったそうです。
しかし、遊んで暮らせるお金が手に入り10年後、姉は変わりました。

父親の残したお金はかなりの額だったそうです。姉は仕事を辞め、マンションを買い、毎日飲み歩く生活を始めたそうです。そんな生活が10年ほど続いたころから姉の状態は変わってきたそうです。

認知症の発症です。妹と会う約束をしても、約束を忘れ、電車でどこかに行くと、なかなか帰り方が分からない。

そんな状態になったそうです。さらに1日に何件も飲み屋をはしごをし、酔いつぶれて病院に搬送されることがたびたび出てきたそうです。

妹は姉に「お酒は控えた方がいい」と言うと「あんたにそんなことを言われる筋合いはない」と返されたそうです。

年を重ねても綺麗な姉は60代の男性と内縁関係になりました。

そんな姉は独身でしたが飲み屋で知り合った男性と一緒に住むようになったそうです。その男性と飲み歩いたり、旅行に行ったりするお金は全て姉が支払ったそうです。

男性は孫を連れて姉の所に遊びにくることもあり、毎回その孫たちにおこずかいを渡してたそうですが、ある日、姉にその孫たちの会話が聞こえてきたそうです。「まだかな?まだでないのかな?」と。

そして、おこずかいをあげたとたん「ありがとう」と言って、そそくさと帰るのです。姉は「しょせん他人の子供だから仕方ない」と妹に愚痴をこぼしたそうです。

姉が体を壊し入院中、姉がマンションのどこかに隠していたお金が欲しいのか、男性は姉のマンションをあちこち探し回る行動をしたそうです、しかし見つからずにあきらめて姿を消しました。

しかし、姉が退院し、まだお金を持っていることを知ると男性は姉のところに帰ってきたそうです。姉は自分のところに男が戻ってきたと喜んだそうです。

その頃になると姉の認知症はずいぶん進行していました。近所の人が亡くなったと聞かされた時にその家族に向かってニコニコと「じゃあまた遊びにおいでね」と、とんちんかんな事を言ったり、妹の名前がなかなか口から出てこなかったりしたそうです。
姉の姿が情けなくなりました。

妹は父親のお金をすべて持ち去った姉が許せませんでしたが、同時にそんな姉の姿が情けなくなり、どうしてもその男と別れさせたくなりました。そしてまだ父親の財産が残ってるうちに、姉が老後を安らかに暮らせる施設に入ってもらいたくなりました。

しかし、妹でも姉を無理やり施設に入れることはできません。姉の内縁の夫が「自分が面倒をみる」と言って聞かなかったそうです。そして、とうとうそのつけが姉にまわってきました。姉は病に倒れ病院で寝たきりの生活をするようになりました。

父親の家から持ち去ったお金は全てなくなっていました。

意識不明の重体で、救急車は男性が呼んだそうです。何日か昏睡状態で、妹も何日も病院にお見舞いに行き、話かけたけれど、目をつぶったままで何の反応もありませんでした。

それでも何日か通い話しかけてると、ある日いきなり姉は目をパッと開いてじろっと妹を見たそうです。この時は大変ビックリしたそうです。

その後、姉は食事を鼻からチューブでとるようになり、簡単な言葉を話すようになったそうですが、それ以上容体は良くなることなく息をひきとりました。

その後、姉の残した財産は妹が相続するのですが、あれほど多くあったであろう父親からのお金は全て無くなっていたそうです。それでもマンションが残っていたため、そのマンションを売ることは出来たそうです。

姉のお金は男性が持ち逃げしたのであろう。しかし、その男性は姉のすぐ後に病に倒れそのまま息を引き取ったそうです。

元パートさんは姉が亡くなった後、姉のマンションにあった大きな先祖代々の仏壇は持ち帰り、毎日手を合わせているそうです。そして問題の、どうしてこの元パートさんはこんなにも金をもっているのか?それは・・・

苦労をさせられた分守られる。

f:id:robakuma:20170922224155p:plain

「その代わり守られていると思うけどね」

元パートさんには姉のほかに、親の兄弟の子供である従姉妹が3人いるのですが3人とも独身で、しかも3人ともかつて大手企業に何十年も勤めあげたそうで、退職金やらなにやらでかなりお金を持っています。

しかし、この3人の従姉妹は高齢で次々に病気になり、病院に行く時に元パートさんに頼ってきています。

若くてお金を稼いだころと違って高齢になり寂しくなってきたのでしょう

毎日のように色々と電話をしてくる従姉妹。そのたびに病院に付いて行ってあげたりと世話を焼いてあげています。

このように話しをすると、もしかしてお金は従姉妹から?と思いがちですが、お金は一切受け取っていません。

お金は老後に買った不動産が次々に値上がりしていき、売っては買い、そして売っては買いで全てが順調に行っているからです。そのことについて元パートさんは・・・

「姉や従姉妹に振り回されてきたけれど、なにか大きなものに守られている様な気がする」と私に言いました。その視線の先には大きな仏壇がありました。

守られている・・・そうかも知れないですね。

お客様からの「ありがとう」は上から目線に感じるらしい。

f:id:robakuma:20170920230255p:plain

「何か違和感あるんだけど、そう思わない?」

自分と同じ気持ちが相手にもあるんじゃないか?と思い、またはそうであってほしいと願い、自分の気持ちを相手に聞いてもらいたくなる時があります。

しかし、相手に1ミリも理解をしてもらえなかった時は少なからずショックを受けるものです。

自分と相手の考えは違うので理解を示してもらえないことは良くあることです。私にも経験があります。

職場でぶりっ子な言動をする女性従業員に違和感を感じた私は仲の良い同僚にも同じ気持ちがあるのではないかと確かめたことがありましたが、見事に・・

「全然なんとも思わないよ」

と言われ、ちょっと期待外れでがっかりしました。逆に同僚から、「あーこの仕事だるいよな?」と言われ・・・

「え?だるい?何それ何言ってるの?」

と返したこともあります。同僚にとっては期待外れだったでしょう。生まれ育った環境の違う他人なので、考えに違いがあって当然です。

自分の考えに同意を求めたい気持ちは理解出来るのですが、下手をすると顰蹙を買うだけということを目の当たりにした出来事があります。

勤め先の食品スーパーで、数年前にエコバッグが浸透し始めてきた頃の話です。
アルバイトの失言君がアルバイトのまじめ君に・・・

失言君 「あのさーーエコバッグ出されたらイラッとしない?」

これに対してまじめ君は・・・

まじめ君 「え?全然思わないよ?何でそんな事言うの?」

失言君 「い・・・いや・・その、なんか『入れろ』と命令されてるように思わない?」

まじめ君 「いや、全然思わないな。むしろ良い人じゃないの?レジ袋削減で環境に優しいだろ?」

失言君のこの時の「うわーー言うんじゃなかった」という表情は今でも忘れられません。失言君はこれだけではありません。ある日・・・

「あのさーお客さんに『ありがとう』って言われるとなんかイラッとしない?」これに対してまじめ君は・・・

まじめ君 「って言うか自分、性格悪いよなー。普通はありがとうって言われたら嬉しいと思うけど?」

失言君 「いや・・・その・・・下に見られている様な気がするんだけど.・・・」

まじめ君 「そんなことを考えてるの自分だけだよ」

そばで聞いている私は話に参戦したくてしたくてたまりませんでした。

しかし、参戦したら話が長くなりそうで諦めました。まじめ君に一ミリも理解を示してもらえない失言君の姿を見て・・・

「うわーーそれを言っちゃうか?正直者は馬鹿を見るというそのものだ

と思いました。しかし、正直な気持ちを隠せなかった失言君に可愛らしい物を感じた私でのす。若いころの自分はもっと酷かったと思うからです。

今の失言君よりも、さらに正直に自分の気持ちにある毒を周囲に振りまき、周囲の人をあきれさせていました。

ちなみに、失言君が言いたかったのは恐らく・・・

「店員が『有難うございます』と言っているのにお客様は『ありがとう』と言うのは店員を下に見ているからではないか?」

と言うことでしょう。例えば目上の人には『有難うございます』というのに対して、そうじゃないから『ありがとう』になるのだろう」と言う考えです。

それは、お客様に知られてはいけない店員の不都合な感情の一つなのです。しかし無理に考えを変えるのは難しいものです。

結局のところ自分を出さなければ大丈夫

人と違うイラっとするスイッチは仕方がないものです。気にするなと思えば思うほど気になるのが人間心理なのです。

まじめ君は失言君のことを「性格が悪いなー」と言っていましたが、さらに性格の悪い私は二人のやり取りを見て・・・

「面白いことをやってるよな」と思いました。

昔、小さな居酒屋の店長に弟子入りした時、接客業では「自分を出すな」と教えられたのですが、まさにそうだと思います。

人と接するのが好きという理由ではなく、ただ単に「自分にも出来そうだな」という簡単な理由でする人も多い接客業です。

本当は人と接するのは苦手という人も実はいるのです。なぜなら「こんな自分でも雇ってもらえる所はないかな?」と学歴不問の職を探し、「あっ!これなら自分にも勤まりそうだ」という考えで来る人もいるのです。

まじめ君は、接客業にプライドをもってやっている感じがあり、それはそれで立派だと思いますが、失言君はどうなんでしょう?

「最低!」と思われる人もいるでしょうが、私は個人的にこう思うのです。

性格悪くても、それを表に出さなければ、それはプロの仕事として成立すると。

では、もしあの時私が彼らの話に参戦していたら?

若さからくる失言君の、「なあなあ、そう思うだろ?」と言う発言は様々な人の気持ちを知り、相手とぶつかりあいながら学ぶという点ではありだと思います。

もちろん、「ありがとう」の言葉や「エコバッグ」に対してイラついた言動をお客様にぶつけてはいけませんが、従業員同士の会話です。そこで自分の考えの未熟さや心の狭さに気付ければ人間的に一歩成長できるのです。

ちなみに彼らから「熊さんはお客様からの『ありがとう』の言葉にどう感じますか?」と聞かれたら?

言葉そのものの感じ方は後ろに「ございます」がついていない分馴れ馴れしい感じはするのですが、そこは、そう言うものだと割り切っています。

私の場合は言葉そのものよりも、声の調子や表情で、「あっ随分上から言われているな?」と感じることが多いと思います。

いずれにしても、「ありがとう」の言葉一つでも言った人、言われた人それぞれで感じ方は違うのです。

そこで感じ方そのものを否定するつもりはありません。無理に考えを変えようと思っていてもそう簡単なことではないのですから。

しかし、形では演じることは出来るでしょう。気にしない自分を演じることで、そのうち接客業の楽しさも分かり、イラついた気持ちもやわらいで行くのです。

そういう意味では、「ありがとう」と言われたらイラっと来るという彼に対して、まだまだ接客業に慣れていない証拠だと思うのでした。