ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

社長が愛人をつくることに従業員は黙っていても、大きく失望している

男が愛人を作りたがる理由

社会的成功を手に入れ、オスとしての本能が自分の優秀である遺伝子を残したいという思想に走らせる。

年を重ね、若さからくる魅力が失われても、恋愛のときめきを味わいたい。そのための経済力が自分にはあるという自覚

今の奥さんでは気持ちが満たされていない。男として女性に常に愛されていたいという要求が満たされていない気持ちがある。

といった3つの理由があります。ただ性欲を満たすだけなら、風俗で事足りるでしょうが男性には征服欲というものがあります。

世間ではよく、「社長は愛人を作りたがる」と言われます。社会的地位を手に入れるまでは不可能だった愛人を囲うということが、経済的な成功によって可能になり、その欲望が我慢出来なくなることが多いからです。

愛人を作る行為に対する世間の風当たり

最近の芸能ニュースでは、「不倫」に関することが多く見られるようになりました。人気のある芸能人の不倫スクープは視聴率が稼げます。

女性芸能人が不倫をしたというニュースは目立ちますが、やはり圧倒的に男性芸能人で既婚しているにも関わらず不倫をしたというニュースが多いです。

そういった不倫ニュースが増えてきたにつれ、世間の不倫に対する声も以前に増して厳しくなってきています。

昔はお金持ちの男性には愛人がいることが、どことなく黙認されていたこともありました。一種のステータスのような風潮もありました。

しかし、現代では社会的地位を手に入れたから愛人を・・・」という考えを持つ男性にとても風当たりが強くなってきています。

せっかくの社会的地位を手に入れ、幸せな家庭を築き上げてきた芸能人が、不倫スクープで一気にその座から引きずり降ろされる。築き上げた幸せな家庭も壊れてしまう。

そんなケースが増えてきています。それだけ世間の反応というものは厳しいのです。そんなことを自覚せず、ただ雄の本能だからという理由で愛人を囲む行為はとても危険です。

今回は、そのような周囲の反発に気付かずに大きなものを失った社長の話をしたいと思います。

以前に勤めていた会社

以前、勤めていた会社は営業の会社でとても業績が良く、私はこの会社がとても好きでした。

社長の面倒見がよく、とても多くのことをその会社で学びました。しかし、社長はもともと東北の人で、会社を東北に作るということで、その会社を専務に譲り、東北に行ってしまいました。

(専務に譲ったと言っても、会社は毎月一定の額を前社長に払ったそうです)

新しくなった元専務の社長からは、以前の社長に比べ、どことなくみんなをぐいぐい引っ張っていくような気迫というものが感じられませんでした。

そんな不安をよそに、意外と会社の業績は好調で、その好調は1年ほど続きました。しかし、業績に陰りが見えてきました。

今まで好調に売れていたものが売れなくなってきました。じわり、じわり会社の業績は下がり、私は危機感を覚えました。

業績が好調だったころ、多くのボーナスが出ていたのですが、それがほとんどなくなりました。

さらに、平社員である私の給料はきちんと出ていたのですが、噂によると、部長や課長といった幹部たちの給料は遅れるようになりました。

会社の業績が立ち直るまでの辛抱を平社員にさせると一発で辞められるからでしょう。なので、そう簡単に辞めないであろう幹部から辛抱してもらったのでしょう。

私の心の中で迷いが生じました。

このまま、この会社の業績が復活するのを信じて待つべきか?

ここらで、この会社に見切りをつけて辞めるべきか?

そんな時、私の背中を強く押してくれた出来事があります。

会社のお金で愛人を囲う社長

社長が愛人を囲いこみ、隠し子を作っていることは私たちの間では噂になっていました。

会社の業績が傾いてきている中でそんなことをしている場合か?という周囲の声は日増しに強くなってきていました。

社長の携帯に女性の声で電話がかかり、こそこそと別の場所に移動し、話す姿を私たちは「どうせ、愛人に金をせびられているんだろう」と噂しました。

会社の業績が悪くなり、幹部の給料の遅延が続いたある日、私は仲良くなった経理の社員に驚きの事実を知らされました。

「社長は愛人に会社の経費で送金している」と。

話によると、愛人を自宅勤務扱いにして社員として給料と言う名目で多額のお金を送金しているのです。

これは駄目だ。私は少しずつすすめていた退職の準備(次の職場探しなど)を一気に進め退職をしました。

私が退職した後、事件が起きました。いつまでも給料を遅らせる社長に業を煮やした幹部たちが一部の社員を引き抜き会社を出ていきました。

しかも、会社にとってとても大事な飯のタネである顧客情報を盗んで、それをもとに新しい会社を作りました。

そして、社長に未払い給料の請求を集団でしました。しかし、社長は会社に多大な損害を与える顧客情報を盗む行為をした奴に払う給料はないと突っぱねました。

結局、社長は会社をたたみ、今何をしているかははっきりと分からなくなりました。

顧客情報を盗む行為は窃盗罪にならない。

その顧客情報を盗んだ社員の一人に先日会い、話を聞くことが出来ました。彼は、「俺たちは法律の上では何も悪いことをしていないよ」と言いました。

理由は、窃盗罪というものは形のあるものを盗んだ時に適用される罪で、情報には形がないから適用されないのです。

どうしても、許したくない。罪に問いたいときは窃盗罪ではなく背任罪(重要な情報を管理させていたのに流出させた)など別の罪で訴えなければいけません。

しかし、日本の今の法律では会社の訴えが認められるのは難しいようです。しかし、会社にとって飯の種である顧客情報を盗む行為は大きな従業員の裏切り行為ではないか?

そんな疑問に彼はこう答えました。

「最大の裏切り者は社長ですよ」と。

彼によると、社長と従業員の関係は払うべきものを払ってもらって初めて成り立つものだということです。

毎月、この額を給料として払います。この約束があってこそ従業員は従うのです。その約束を裏切る行為こそが最大の裏切り行為だと言いました。

「熊さんはどっちが悪いと思う?」という

いきなりの彼の問いかけにすぐには答えられませんでした。給料を遅らせた社長も悪いと思う反面、大事な顧客情報を盗んだ彼らもひどいと思いました。

本人には言いませんでしたが、「どっちもどっちだな」というのが正直な気持ちです。
しかし、その後いろいろ考えてみました。法律的には窃盗罪としての罪は適用されない。しかし、どっちが人としてより許せないか?

今の私が出せる精一杯の答えは6対4で社長に非があるということになりました。
社長が愛人を作ることに周囲がなぜ黙っているのか?

転職回数9回以上の私は、様々な社長とお会いし、付き合うことが出来ました。
世間でよく聞く「たいていの社長は愛人をつくる」という言葉。それは確かにあるように思います。

社長に愛人がいる。それを従業員は知らないふりをする。よくあるケースです。しかし、知らないふりをしているからと言って心から許されているわけではないのです。

周囲の嫌悪感をもとにして築きあげられた成功はいつまでも続きません。

色に目がくらみ、周囲から社会的成功の椅子を奪い取られる。「社長は愛人を作るもの」。暗黙の了解のように思えて、それは、周囲の嫉妬、失望のタネを育てているのでしょう。

親の期待が子供を苦しめる!子供の特別支援学級入りを拒む私に先生が教えてくれたこと

愛するわが子には強く育ってほしい。

自分の子には強く育ってほしい。その思いは時に知らず知らずに間違った方向に行くことがあります。

子供の将来を心配するあまり、不安な気持ちになり、ついつい過度な期待をかけ、子供にとって良かれと思った行為が逆に子供を苦しめることがあります、

元は子供を愛する気持ちからくるものだけに、皮肉なものです。今回はそのような、親の期待が子供を苦しめるということを考えさせられた経験談です。

小学4年の娘は特別支援学級に入っています。

特別支援学級とは、通常のクラスでの指導では十分な指導の効果をあげることが困難な児童生徒に対して、きめ細かな教育を行うために、小学校又は中学校に設置された少人数のクラスです。

なぜ、娘は特別支援学級なのか?それは、家では良くしゃべるのですが学校では、ほとんどしゃべりません。そのため、通常のクラスではなじめないからです

しかし、特別支援学級に入れる前はずいぶん悩みました。

確かに特別支援学級は少人数制で、しゃべらない娘にも先生がきめ細かく助けてくれます。 しかし、娘はそれに甘えて積極的に自分を変えることをしなくなるんじゃないかと思ったのです。

恥ずかしさからクラスの中で、しゃべらない娘です。子供の時は周りが助けてくれるけれど、大人になればもっと、大きな困難が待っていると思います。

だから、娘には集団でもまれて自分で殻を破ってほしいと思いました。

そんな私たちは、娘が小学1年生の時、学校から何度も特別支援学級入りを勧められている中、断り続け、小学2年になるまで、普通学級に行かせました。

そんな私が娘の特別支援学級入りを決意したのは、娘が小学2年の時です。市の子育ての相談窓口に担任の先生と娘と嫁と私で行った時のことです。

相談窓口に行くと、無理に特別支援学級入りを勧められるのではないか?

市の相談窓口に行く途中、不安でいっぱいになりました。特別支援学級を勧められるのは嫌だと思い、娘には普通のクラスで頑張ってほしいという考えがありました。

しかし、相談窓口のカウンセラーの方は「私たちは特別支援学級入りを勧めるのではなく、現状を把握し、相談にのる立場です」と私たちを安心させてくれました。

そして簡単な知能テストを行いました。結果、娘は小学2年生でありながら5歳の知能レベルであることが分かりました。

その後、担任の先生に不安をぶつけました。 

知能テストの結果も良くなく、娘が学校でしゃべらない。やはり、特別支援学級に入れた方がいいのか?でも入れたくない、自分でなんとかしてほしい。その気持ちを伝えました。

すると先生は、私の気持ちを大変理解してくれました。

なぜ先生は私の気持ちを理解してくれたのか?それは、先生の5年生になる息子さんも特別支援学級に入られています。

先生もずいぶん悩んだそうです。悩んだ理由は私と同じで辛くても普通学級で頑張って自分の殻は自分で破ってほしいという気持ちがあったからです。

しかし、集団の中での教育についていけない息子さんは、どんどん学校生活が苦しくなってきたんだそうです。

その息子さんの苦しむ姿を見て先生は、「辛いのか?じゃあ特別支援学級に行くか?」と聞いたそうです。息子さんはこくりとうなずいたそうです。

そして、3年生の時に特別支援学級入りをしました。そして、今ではずいぶんと精神的に安定し、楽しく学校に行ているそうです。その姿を見た先生は、もっと早く入れておけばよかったと思ったそうです。

先生の話を聞いて、私たちは思いました。娘は普通学級で苦しんでいる。なのに私たちは娘に普通学級で頑張ってほしいと思うばかりで娘の苦しみを見ているようで、本当に見ているのだろうか?と。

これでは親として駄目だと思い、私たちは娘の気持ちを優先させ、特別支援学級入りを決めました。

その後、特別支援学級の見学に行きました。

1人の先生に数人の生徒でとても丁寧に教えて下さっていました。まるで自分の子のように一人一人に声をかけてくれる先生。

普通学級で30人の集団の中での授業とは比べ物にならないほど先生は、親身になって子供と向き合っていました。

これなら集団の中でしゃべれない娘も勉強について行ける。そう思いました。そして自分の見栄や期待よりも娘の気持ちを優先させることが出来、良かったと思いました。

「親の期待が子供を苦しめている」という先生の言葉

先生は息子さんの特別支援学級を何度も勧められる中、小学3年まで引っ張ってしまったそうです。どんどん学校生活が苦しくなってきている息子さんを見て、親の期待が子供を苦しめていると感じたそうです。そして息子さんを限界まで苦しめたことを後悔したそうです。

子供にとって何が大事かを考えないといけません

私は最初、先生から娘の特別支援学級入りを勧められた時、親として面白くありませんでした。なにかのレッテルを貼られているようにも感じました。

しかし、親の期待のために子供が苦しくて限界になるまで普通学級にこだわることをしなくて良かったと思います。大事なのは子供にとって一番ベストな学校生活の環境を考えてあげることが大事だと感じました。

目の前のお子さんの気持ちを優先させてほしい

もし、皆さんのお子さんが、学校から特別支援学級入りを勧められたらどうするでしょうか?多くの方が思い悩むのではないでしょうか?

愛する子供に強く育ってほしい。親はみんな思っています。子供の将来が心配だからこそ、頑張れと必要以上に背中を押したくなることがあります。

そんな時は周りの人に相談するのもいいのですが、私は、きちんとした専門家に相談されることを強くお勧めします。

子供の気持ちを優先させる

最後に決めるのは親です。学校は勧めることはしても強制はしません。子供が行きたがっていても親が決めなければ行くことは出来ません。

そして、学校生活を実際に送るのはお子さんです。親が学校生活を送るのではありません。

なので、親の見栄は出来る限り取り払い、目の前のお子さんの気持ちを優先させてほしいと思います。

本当の友達とは?その素晴らしい答えを学校の先生から教わり胸が熱くなった

本当の友達とはどういうものか?

年を重ねると、古くからの友達がどんどん少なくなるという声を聞きます。そして古くからの友達がとても大事に思えることがあります。

仕事をしていく上では、古くからの友人よりも、新しくできた職場での友人の方が交流が多くなります。

しかし、職場で出来た友人には、どことなく利害関係のようなものを感じることがあり、その職場を離れても友達でい続けることが出来るのだろうか?と疑問に思うことがあります。

そんな、「本当の友達とは何なのか?」という疑問が生まれたときに思い出すことがあります。

小学校の卒業式の時に担任の先生からお聞きした話です。

先生は母子家庭で育てられました。決して裕福ではなかった子供時代をすごしました。

そして、金銭的な理由で、大学の4年間を、お古の学生服1着だけで過ごしたそうです。当然学生服はボロボロになりました。

そして、大学の卒業式が近づいてきたある日のこと、お母さんが、あるものを用意してくれました。それは新しい背広です。

裕福ではない家庭。それでも一生に一度の卒業式にはこの背広を着てほしい。そんな母の願いが込められていました。そして、母の気持ちに涙をこらえました。

しかし先生は、今までずっと学生服だけで過ごしてきたため、卒業式にだけ背広を着るのは恥ずかしかったそうです。

しかし、気持ちをありがたく受け取り、慣れない背広で卒業式に行きました。すると、晴れ着姿の女子学生にパリッとした背広の男子学生が集まり、華やかな雰囲気だったそうです。

みんなと同じ綺麗な背広で卒業式を迎える先生.。その時、学生服ではなく背広で良かったと思ったそうです。

そして、お母さんからもらった気持ちがすごくありがたいと思えてきて涙をこらえるのに大変だったそうです。

友達がしたことに涙

そんな先生には仲の良い3人の友達がいました。その3人が先生に近づいてきました。その友人たちの姿をみて驚きました。

あれ?なんで、3人とも?他の学生がみんな背広を着ているのに3人だけ、学生服を着てきました。

3人は先生だけに恥ずかしい思いをさせたくないと思ったそうです。それを見て先生は、学生服で来たら良かったと後悔したそうです。

後悔した先生に友達がかけた言葉

3人は,先生の背広姿を見て「良く似合ってるぞ」と喜んでくれたそうです。その後、社会人になってからもずっと、かけがえのない友達でいたそうです。

この話は私の宝物

どうですか? 友達っていいものですね。 これは30年前に聞いた話ですが、今でも私の宝物です。

あの時、先生は40代でした、 今は70代です。どうしてるのか気になります。
先生から頂いたこの話。私は一生忘れません。子供時代に出来た友人は一生の宝物だと言われます。

まさに、その通りだと思います。社会人になってからも友人は出来ます。その多くは職場で出来る友人です。

職場で出来た友人にはどことなく、「私も何かをする代わりに相手にも・・・」と持ちつ持たれつの関係が生じます。

本当の友人というものは仕事を離れた場所にいるのではないでしょうか?もちろん同じ職場であったとしても、仕事を離れた場所でも付き合える関係です。

利害関係が発生しない友人

自分にとって後で都合がいいから相手を助けるというのは、本当の友人ではないと思います。

無条件に、「友達だから」という感情だけで動くことが出来る。それが本当の友人だということです。

「あいつ一人に恥ずかしい思いをさせてたまるか」という気持ちだけでわざとボロボロの学生服で卒業式に出席した友人。

そこで、予想に反して新しい背広で目の前に現れた先生。「友達だから」という理由だけで動いているからこそ、「せっかく気を利かせてあげたのに」という気持ちは生まれなかったのでしょう。

「友達だから」という気持ちに見返りを求めない。だからこそ、そんな友人は無条件に素晴らしいと思います。