ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

多くの先輩は雑用から少ないチャンスを大事にする気持ちで這い上がっている

不動産の営業の仕事をしていた時の事、小さな店に従業員が3人だけの営業所に配属された。そこの所長にいつも雑用をまかされた。

机の雑巾がけ、窓ふき、書類の整理、営業とは関係のない雑用に嫌気がさしていた。こんなことをするためにこの会社に入ったのではない。

営業がしたくて入ったのだ。雑用ばかりさせられて肝心の営業の能力が磨かれない。営業成績も良くない。それなのに所長は会社でも営業成績が上位の人だった。

私がこの所長の雑用を引き受けているから所長は営業に集中出来る。だから結果が出るんだと思った。不満がどんどんたまった。

ある日所長から、「後で、これを見に行ってくれ」と新しい物件の資料を渡された。正直「またか?」と思った。「自分で見に行けよ」と心の中で叫んだ。

「後で」と言う言葉通り、後回しにしようと思った。自分の机の上にたまっているいつもの仕事を先に進めた。一時間が経っても、二時間が経っても一向に見に行く気配がない私に所長がカミナリを落とした。

「お前、いつになったら見に行くんだ」不満がたまっていた私はこの時、初めて言い返した。「後でと言われたので後でいいのだと思っていました」所長はさらに怒り「後でといっても指示した方はすぐにやって欲しいもんだ。自分の仕事を優先させているのだと思うが、それこそ後でいいものじゃないか?今すぐに行け」と。

これ以上所長を怒らせても仕方がないと思いしぶしぶ物件を見に行った。所長の営業の力はすごいと思っていた。

しかし、この所長の下にいてたら私は成長出来ないんじゃないか?小さな店に三人しか従業員がいない。この状況はいつまでたっても雑用だけで終わってしまうんじゃないか?腹が立ち、もう一人の先輩に相談した。

先輩は私の不満に共感してくれた。

「こんな仕事をするために会社に入った訳じゃない。その気持ちは充分に分かる。しかし、その仕事は誰かがやらなければいけない仕事として存在する。君が休みの時は私がやっている。この前は接客で忙しい所長の代わりに、薬局で薬を買いに行った。なんで?と思ったけど他に人がいないから仕方がない事と割り切った」

先輩は雑用をきっちり受け入れている。でもそれだといつまでも肝心の営業のスキルは磨かれないんじゃないか?私の不安に先輩は答えてくれた。

「どこへ行っても雑用から逃げることは出来ない。それで給料をもらっているんだから。だから現実として受け入れなければいけない。しかし、君が不安に思う気持ちも分かる。このままいけば雑用しか出来ないベテランになるんじゃないか?でもそれは私たち次第だと思う。現実を受け入れることで、見返してやろうというモチベーションが上がる。そのモチベーションが工夫になり、少ないチャンスを大事に出来る気持ちが生まれる。そこから這い上がるのが私たちだと思う」と。

先輩の言葉を聞いて、苦しんでいるのは自分だけではないと感じた。

 

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

 

「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」
単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 
筆者 ロバート・熊
イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき
身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。
★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策も分かります。

大型書店の法律書の棚に並べられていることが多いです。
お近くの書店に置いてない時は、本のタイトルをお控えになり、お取り寄せでお願いします。

「ついにチャンスがもらえた」と言った時に一緒に喜んでくれるのは一部の人だけである

私はかつて職人をしていた。その3年目のことだ。1日でも早く仕事を覚えて一人前になりたいとずっと思い続けてきた。

しかし、上下関係が厳しく、なかなか重要な仕事が任せてもらえなかった。雑用だけで1日が終わる毎日が続いた。「チャンスさえ与えられたら自分は出来る。出来ないのはチャンスが与えられないからだ」と先輩たちを恨んだ。

同じ時期に入った仲間は、多かったが、ほとんど辞めてしまった。

後に入った後輩たちも、雑用ばかりの毎日に嫌気がさし、どんどん辞めてしまった。そんな厳しい世界でも、すんなりとチャンスが与えられ、重要な仕事を任される人もいた。

いわゆるセンスの良い人である。今から思えば私がいつまでも肝心な仕事をやらせてもらえなかったのは自分の不器用さが原因なのだが、そこを認めたくない私は、すんなりとチャンスをもらえている人に嫉妬をした。

「あいつと俺の何が違う?」とイライラした気持ちになった。自分の不器用さよりも環境のせいにしたくなり、「こんなに頑張っているのに?」という気持ちにとりつかれ悶々とした日々を送った。

そんなある日のこと、仲良くなった先輩に「やってみるか?」と言われ、本来先輩がすべき重要な作業をやらせてもらった。ほんの短い時間だったが、飛び上がるほど嬉しかった。

嬉しい気持ちは誰かに聞いてもらいたくなる。みんなが集まっていた休憩時間、仲の良い仲間に大きな声で、「今日、嬉しいことがあったのですよ。実は難しい仕事をやらせてもらったのですよ」と言った。しかも満面の笑みを見せた。

私がその時に期待した皆からの言葉は、「良かったね」「どうだった?」と言うものだったが、なぜかその時の皆の反応は薄かった。

「それがどうした」と言わんばかりの冷たい表情を皆がしていた。その冷たい反応に私は何も言えなくなった。

その場には私に重要な仕事をやらせてくれた先輩もいた。その先輩に「ちょっとこっちに来い」と呼ばれて外に出た。

すると「嬉しいのは分かる。でもやりたいのは自分だけじゃない」それだけ言って先輩は立ち去った。

とても短い言葉だったが、それだけで十分に理解が出来た。

うかつだった。あれほど、チャンスが貰えず悶々とした日々を送ってきたはずなのに嬉しさで周囲が見えなくなっていた。自分だけが苦しんでいる訳じゃない。

一見みんな仲良くしていたのだが、昔からの友達ではない。みんなが上を目指して頑張っていた。

しかし、頑張っていてもセンスの良し悪しでチャンスが大きく変わっていく理不尽な現実に皆は黙って耐えていた。

そんな状態の時に、「チャンスをもらえてうれしいです」と言うと「それがどうした?」と思われるだけだった。一緒になって喜んでもらえる訳ではなかった。

椅子取りゲームはゲームだから笑える。仕事での椅子取りゲームは笑えない。そんなことは分かっていたはずなのに嬉しさで頭から消えてしまった。そんな自分がとても恥ずかしいと思った。

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

 

「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」
単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 
筆者 ロバート・熊
イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき
身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。
★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策も分かります。

大型書店の法律書の棚に並べられていることが多いです。
お近くの書店に置いてない時は、本のタイトルをお控えになり、お取り寄せでお願いします。

みんなが違う方向を向いている時は、自分の大変さを理解してもらえなくて当たり前

部下の仕事をほとんど手伝ってくれなかった上司の下で働いたことがある。しかも自分のことを棚に上げ、私の後輩社員に、「俺一人が頑張っても仕事は回らないんだよ」「もっと協力すべきところはしてくれよ。みんなの会社だろ?」と説教していた。

そばで聞いている私は、「それはこっちのセリフだ」と思った。

上司が現場にほとんど出ないから仕事が前に進まなくて大変なのだ。手が回っていないのに上司は手伝ってくれずに、自分の仕事だけをのんびりしていたのだ。なので、腹が立った。

そんな気持ちでいる時に同僚に、「熊さん!何をそんなに難しい顔をしているの?」と聞かれた。私は「上司が抱え込んでいる仕事よりも僕の方が多いのに上司は何も分かってないんだよ」と不満を漏らした。

すると同僚は、「みんながみんな頑張っているんだよ」「でも、みんな違う方向で頑張っているから不満が出るんだよ」「みんな、あっち向いてホイをしているんだよ」と、なんとなく分かるような分からないようなことを言ってきた。

私は、「こっちは現場で、『ヒーヒー』言っているのに、あの人は何も分かっていないんですよ」と言った。

すると同僚は、「分かるわけないでしょ。そんなの。熊さんの大変さなんて分かってもらえなくて当たり前だよ」と言った。

この言葉に、諦めのような、悟ったような、気持ちにさせられた。結局何の解決にもなっていないけれど、愚痴を聞いてもらっただけで、どことなく心が軽くなったような感じがした。

その数日後、上司が休日出勤をしてきた。あまりにも倉庫が散らかっているから整理をしに来たのだ。日中の倉庫内は高温になる。上司は、全身汗だくになりながら、ほとんど片付けてくれた。

しかし、若干残っている分は夕方から用事があるということで、「後は引き継いでくれ」と言われた。

心の中で、「そんな暇はない」と思ったが、上司が休み返上で頑張ってくれたということもあり、心良く引き継ぐことになった。

上司が、「それじゃ宜しく」と言って帰ろうとした時、ふと、「あっ俺やっぱり、あっち向いてホイをしている」と思った。

「上司は日中暑かっただろう。きっとそうだ」と思った私は帰ろうとしている上司に、「日中、倉庫は暑かったんじゃないですか?」と聞いてみた。

すると、「いやー泣きそうでした」と返された。その時の表情を私は見逃さなかった。

あきらかに、自分の大変さを部下が分かってくれた事に対する、安堵の表情を見せてくれたのだ。これは最近の中では珍しいことだった。自分だけが大変な思いをしているとみんなが思い、職場の雰囲気が悪かったのだ。なので、みんなの表情が暗かったのだ。

みんなそれぞれ頑張っているけれど、違う方向を向いているから相手のことが見えなくなり不満につながったのだ。自分の大変さを人に分かってもらえなかったのは当然のことだった。なぜなら私自身も他人の大変さを分かろうとしなかったからだ。

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

「あやしい催眠商法だましの全手口身近な人を守るために知っておくべきこと」
単行本: 230ページ
出版社: 自由国民社 (2018/11/2) 
筆者 ロバート・熊
イラストレーター にゃんとまた旅/ねこまき
身近な人を守るために知っておきたい催眠商法の現場を元社員が詳細に明かした本です。
★本書の特徴
1.いかにしてお年寄りのこころを奪うか、元社員が明かします。   
2.ネット上にある催眠商法の説明はごく簡素なものですが、事実はかなり込み入った内容です。本書では複雑で巧妙な手口をあますことなく紹介いたします。
3.まず近づかないことが一番ですが、もし被害にあってしまった場合の有効な対策も分かります。

大型書店の法律書の棚に並べられていることが多いです。
お近くの書店に置いてない時は、本のタイトルをお控えになり、お取り寄せでお願いします。