ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

「自分にはこれしかない」の落とし穴

自分にはこれしかない。

 

人生をかけた戦い。

 

そんな気持ちで物事に取り組んだことはありますでしょうか?

 

僕にはしょっちゅうあります。

 

崖っぷちの戦い。

 

背水の陣。

 

そう思うことで、自分を追い込むことで

 

物事は上手く行く気がする。

 

とくに大きなことを成し遂げるためには

 

それなりの覚悟がいると思う。

 

自分を追い込む。

 

追い込むことで実力以上の力が引き出され

 

成功に導けるような気がしてなりません。

 

でも、こんなニュースが目に入ってきました。

 

東京大学の入試を受けに来た若者3人が

 

刺されたと。

 

犯人は高校生。

 

東京大学への入学を目指していたのが原因だと。

 

なんのこっちゃ?と思い

 

ニュースを見ると

 

来年、東京大学を受験するため勉強していたが

 

成績が振るわなく自信をなくしたと。

 

40代後半のおっさんとして見ると

 

「おいおい、そんなしょうもない理由で?」となるのですが

 

もしも彼の立場だったら?

 

自分の人生は東大に入ることと思っていたなら、それに対する挫折というものは計り知れないかもしれない。

 

僕は県内でも1位2位をあらそうほど偏差値の低い高校をでたので

 

東大なんて夢のまた夢。

 

「ハイ」と返事できれば、足し算が出来れば入学できたような高校を出たので、偏差値の高い学校に通える実力があるだけでも羨ましい。

 

東大に行けなくても、東大を狙う実力があるならば

 

いくらでも入れる大学があると思うし、人生はバラ色。

 

羨ましい。でも本人はそうは思わなかったんでしょうね。

 

実力があっても自分の実力に絶望し

 

自分のことを「落ちこぼれ」だと思い

 

反抗に及んでしまう。

 

僕から見れば優等生。でも優等生の中にいると心が限界になる子供もでてくる。

 

「自分にはこれしかない」と思うことで力を発揮できることもあるけれど

 

どこかで「これがダメでも、いくらでも道がある」と逃げ道がなければ

 

よからむ方向に舵をきってしまうのでしょうか。

 

なにがあっても

 

めげない

 

くじけない

 

前を向く。

 

人生には失敗や挫折なんて山ほどある。

 

大人なら誰もが経験として身につけていることでも

 

経験の浅い子供には挫折にたいする免疫がないわけで

 

少しつまずいただけで精神に不調をきたすこともあるのでしょう。

 

そんな時に手を差し伸べられる大人でいたい。

 

「人生にはいろんな選択肢がある」

 

と教えてくれる大人がいることで救われる命もある。

 

子供が知っている以上にはるかに多く人生には選択肢があると大人は知っている。

 

でも子供たちにはまだそれだけの視野の広がりがない。

 

そこをどうやって救うのか?

 

年頃の子供を持つ親として、もしも自分の子供が挫折をしたとき

 

どんな言葉をかけたらいいのか?

 

そんなことを考えさせられるニュースだと思った。

 

私たちは彼の気持ちに理解を示し、応援することにした。

一人のアルバイトが辞めると言ってきた。いきなりのことで驚いた。長年一緒に働いて、とても頼りにしていたのだ。もちろん彼がずっとアルバイトのままでいるとは思っていなかったが、まだまだ一緒に働けると思っていた。

彼に理由を聞いてみた。すると、彼がうちでアルバイトを始めたきっかけは、正社員の仕事を見つけるためのつなぎだったのだ。しかし、思ったよりも人間関係が良く、居心地も良かったため気付いたら何年もいてることになったそうだ。さらに、慣れた仕事に愛着がわいてきてずっとこの仕事を続けたいという気持ちにもなったそうだ。

しかし、当初の目的は次の仕事が見つかるまでのつなぎであり、居心地が良いからと甘えた気持ちでは、なかなか行動に移せないと思ったそうだ。

私たちは、「そうは言っても、うちで働きながらでも就職活動は出来るんじゃないの?」と聞いたのだが彼としては自由に動ける立場になって本腰を入れて職を探したいそうだ。次の就職先から、「明日からきてくれ」と言われても応じることの出来る自分でいたいそうだ。

それに、居心地のいい職場に居続けていると本気で職を見つけようという気持ちに彼はなれないそうだ。

私たちは彼の気持ちに理解を示し、応援することにした。彼が抜ける穴は大きいのだが、彼の将来のことを考えると気持ち良く送り出してあげたくなったのだ。

長年一緒に働いてきた大事な仲間である彼に、みんなで送別会をしてあげようと言うことになった。

職場のみんなで居酒屋に行き、彼との思い出話に花が咲いた。みんなが彼に、「○○君が居なくなると寂しくなるよ」「○○君をすごく頼りにしてたんだよ」と言う姿を見て改めて彼がみんなから愛されていることを知った。

 そして彼は、「皆さんには大変お世話になりました。とても居心地が良くて気付いたら何年もいてることになりました。でも、このままでは居心地の良さに甘えて本気で就職活動が出来なくなると思い、これでは駄目だということで辞めることにしました。ここで学んだことはしっかりと次の仕事でも生かしたいと思います。皆さん有難うございました」と最後の挨拶をした。

しっかりとした挨拶にみんなが拍手をした。「頑張れ、きっと就職出来る」とみんなか彼に応援の言葉を投げた。

その後、彼が居なくなり寂しさを感じたが、みんなで彼の抜けた穴を埋めるべく頑張った。しかし1カ月ほど経った時に彼から店長に電話があった。

「彼はうちに戻りたいそうだよ」と店長から聞きて驚いた。送別会をしてからまだ1カ月しか経っていないのにその様なことを言うのは早すぎるだろうと思った。

店長は「みんなの気持ちもあるから後で電話をすると言って返事を保留にしたようだ。他のみんなの意見も私と同じだった。「あれだけみんなで『がんばれ』と声援を送ったのにこんなにすぐに諦めて戻って来てもいいの?」という考えだった。

みんなの意見が一致し、店長は彼に電話をした。「お前は『戻りたい』と言ったけれど本当にそれでいいのか?」店長の言葉に彼は、「いろいろ考えた結果なのでそれでいいです」と言った。

しかし、その言葉を店長は怪しんだ。「色々考えた結果とは思えない。この前送別会をしたばかりだろ?本当に就職活動をしたのか?いくつ面接を受けたんだ?」

どうやら彼は2つの会社の面接を受けて採用されなかったただけで、「自分は駄目だ」と決め付けたようだ。

そこで店長は言った。「お前が戻ってくれたら随分助かる。しかし、お前を送り出したみんなの気持ちを考えろ。拍手で送り出したのはお前に期待をしたからだ。どうでもいいような奴にはこんなことは言わない。あれだけみんなから認められたお前が就職出来ないなんて考えられない。本気で3カ月職探しをしてみろ。それでも見つからなかったら再度俺に相談してこい」

 この店長の言葉に押されたのか、ほどなくして彼はある会社に正社員として就職出来た。彼が店に挨拶をかねて就職の報告をしに来た時、みんなは、もう一度拍手をした。「おめでとう。頑張れよ」と。

送別会には親の愛が詰まっている。出ていく人には期待を込めて送り出している。もちろん本当に駄目だったなら受け入れてあげたい気持ちもある、それは大事な仲間だからだ。

 あの時みんなが反対をしたのは、戻ってきてほしくないからではないのだ。本心は戻ってきてくれたら助かる存在なのだ。しかし、本当に彼のことを私たちは考えていたから彼にも良く考えてもらいたかったのだ。

店長が「本当にそれでいいのか?」と言ったのは、簡単に「自分は駄目だ」と諦めてほしくはなかったからだ。

「悪徳商法にご注意」上手い業者ほど勧めずにして販売します。

こんにちは、熊さんです。

僕は6年間、催眠商法の現場にいました。

現在は催眠商法の危険性を訴える活動をしています。

今回は、どうして被害を訴える人が少ないのか?についてお話しします。

悪徳商法として有名な催眠商法

強引な営業をしていると思われがちですが、そうでもありません。

業者にとって、理想の売り方は「お客さんが商品の良さを感じ、納得をして、自らの判断で購入に至ることです。

そうすることで、「あの時、思わず高いものを買ってしまったけれど、どうしよう?」と後悔しても、

「自分の判断で買ったから仕方ないわね」と泣き寝入りするのです。

また、家族が被害に気付いても「無理やり買わされたものではない」「自分の意思で買ったのよ」

と被害を認めません。

もし、これが、強引な勧め方で、無理やり買わせたものであったなら、どうでしょう?

多くの人が被害を訴えるのではないでしょうか?

そういうことを販売員は長年の経験でよく分かっています。

例えば、こんなことがありました。

あるおばあちゃんが、講演後に私に近づいてきました。

そして、「私、買います」と言ってきました。

それまで、ノーマークだった人です。

話を聞くと、買う気でいたけれど、同僚がしつこく勧めてくるようで、それが嫌になって注文をしなかったそうです。

つまり、お客さんは勧められて買うよりも自分で決めて買いたいのです。

また、勧めて買わせると、後が続きません。

「次は勧められても買わないわよ」とガードが固くなるのです。

上手い販売員ほど、お客さんに「勧められた感じ」を与えずに自然な流れで買わせるのです。

客との距離がある時は「買ってください」という言葉をかけません。

「買ってください」はストレートな表現で効果的と思われがちですが、

そこで断られると、お客さんは「しっかりと断ったわ」と思ってしまい、そこから買う気を引き出すのが困難になります。

なので、はっきりと、断らせないような微妙な声かけで、セールスを展開していくのです。

例えば。

「すごい人気ですね」

「またまた注文が入ったよ」

とか言うものです。

相手がその気になるまでは、探り探りで、様子をうかがうのです。

これは恋愛に似てますね。

しっかりと距離をつめて、断られない段階で一気に勝負をかける感じです。

上手い業者ほど「勧めずにして売る」を実践しています。

お年寄りは自分の判断で購入したと思い込んでいるため被害を訴えません。

催眠商法は社会問題です。

どうかこの危険な悪徳商法の実態を知っていただき、被害にあう方が、少なくなるように願っています。


3分で分かる催眠商法!被害者が被害を訴えない理由

ありがとうございました。